溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

小説のような日記です。児童文学みたいな人が書いてます。

20170626

 ゆっちゃんと僕はもう何十年も連れ添ってきた仲だ。僕が生まれた時からゆっちゃんはもう日本で活動をしていたし、知らない人はいないほどの有名人だった。僕はすんなりゆっちゃんのことを受け入れたし、ゆっちゃんもすんなり僕に馴染んでいたようだった。しかし、しばらくするとゆっちゃんを巡って様々な論争が繰り広げられたのだ。ゆっちゃんは特に言葉を発することはなかった。誰が何を言おうと無言を貫いたのだ。ただ、その言葉を受け取っていた。その後、ゆっちゃんがどんな気持ちになっていったかは本人しか分からない。

「ゆっちゃんがいるから人はダメになるんだ」

「ゆっちゃんのおかげですごく助かっているよ」

「ゆっちゃんもっともっと来てくれよ」

「ゆっちゃんがもっともっと必要や」

 ゆっちゃんはとにかく引っ張りだこだった。ゆっちゃんの存在に評価を下すのはいつもゆっちゃんではなく、その人次第だった。ゆっちゃんはただ聞いている。それだけを徹底したのだ。僕はゆっちゃんに対して様々な意見を聞き、よく分からなくなってしまった。純粋にゆっちゃんのことが見れなくなっていった。「どこか裏があるんじゃないか」とすら思った。それでもゆっちゃんは僕のそばで静かに過ごしてくれてはいたし、今まで通りを装ってくれてはいた。しかし、僕はゆっちゃんのことを信じることができなくなっていった。僕自身がである。ゆっちゃんは決して人を判断することはないからだ。

 ある日僕は「ゆっちゃんはとある銀行からの回し者だ。奴は人の借金を増やしている。それも、内密に。あいつはスパイ同然だ。我々を食いつぶす気だ。そのことを気づかせないようにしている」ということを耳に挟んだ。まさかと思った。僕はゆっちゃんに問いかけた。少し荒々しくだ。なんでそんなことをしたんだと僕は叫んだ。しかし、ゆっちゃんはここでも沈黙を貫いていた。ゆっちゃんの姿勢から、僕はもう何を言ってもしょうがないのだと悟った。そこからだった。ゆっちゃんと僕の間に少しの距離が生まれた。僕はそういった様々な噂からゆっちゃんのことをすっかり信用しなくなったのだ。汚らわしいとすら思った。だから、出来るだけ一緒にいたいとも、触れたいとも、到底思えなかったのだ。

 僕がゆっちゃんと離れてから数年が経った。僕は何もなかったことを装いながら暮らしていた。あの日知ってしまったゆっちゃんの秘密を隠しながら。しかし、心のどこかでいつもゆっちゃんのことを気にかけてはいた。また、出会うことが出来るのなら、謝りたいとすら思った。僕はゆっちゃんに対して嘘をついていたと。僕がゆっちゃんを信じることができずに外へと追いやってしまったこと。また、あの頃みたいに。幼かった頃みたいに純粋にゆっちゃんと遊びたいと思った。しかし、今となってはもう遅いのかもしれなった。ゆっちゃんはもう何年も僕の前に姿を現さなくなってしまったんだから。それでもいつも通りの毎日が繰り返されていく。そんな毎日にしびれを切らした僕は、ゆっちゃんに手紙を書いた。「また、戻ってきて欲しい」と書き添えて。

 それから1週間ほど経ったある日、ゆっちゃんが久しぶりに僕の前に姿を現したのだ。僕は体調を崩しており布団の上で眠っていた。ゆっちゃんは何も言わずに僕の横に腰掛けた。すると、ゆっちゃんは僕の目元を覆うように手をかぶせた。痩せ細ったゆっちゃんの手は力こそないものの、重みがあった。僕はその重みを感じ取った。きっとこの数年間も様々な体験をしてきたのだ。ゆっちゃんの香りはハッカのような効果が僕にはあった。詰まっていた僕の鼻にゆっちゃんの香りは心地よく通り抜けていった。それに、覆われた目元に暖かくじんわりとなにか広がっていくような感覚を覚えたのだ。その時だった。僕ははたと気づいたのだ。僕はやはりゆっちゃんのことを誤解していたのだと。様々な噂がゆっちゃんには書き立てられる。僕はそれ故にゆっちゃん自身のことを見る目を失ってしまったのだ。いまこうして、ゆっちゃんの優しさを肌で感じ取り、爽やかな風を、香りを運んでくるゆっちゃんのその美しさを僕は忘れてしまっていたのだ。部屋は真っ暗だった。日もすっかり落ちていたからだ。部屋には小さいランプが一つ灯りをともしていた。僕はゆっちゃんの手を掴み、ゆっちゃんの顔をまじまじと見た。灯りに照らされたゆっちゃんの表情は透き通っていた。僕は、初めてゆっちゃんの表情をじっと見つめたのだ。少し日焼けしたその表情は輝いているように見えた。キラキラと美しい光を放っていたのだ。僕は、ゆっちゃんに向かって「ごめん」と伝えた。僕はゆっちゃんのことを誤解していたのだ。僕が見ていたのはゆっちゃんではなく噂だった。様々書き立てられた噂でゆっちゃんを見ていたのだ。ゆっちゃんは何も言わなかった。ただ「わかってくれて嬉しい」ということは僕にしっかりと伝わってきた。これまで表情一つ変えることなかったゆっちゃんが、少し笑っているように見えた。

 

f:id:mizokoji:20170626111840j:plain

ゆっちゃん。

目元に置いたら、詰まっていた鼻も通って、目元にじんわりやさしく広がっていくような感じがして、いいやつでした。

20170625

図書館と晩御飯

 図書館に行く。ニキ・ド・サンファルジャクソン・ポロックとリー・クラズナー、ラウル・デュフィの作品集を借りる。ボリス・ヴィアン「サン=ジェルマン=デ=プレ入門」とイーヴリン・ウォー「愛されたもの」も借りる。イーヴリン・ウォーは僕と同じ10月28日生まれ。また画家のフランシス・ベーコンも同じ10月28日。この二人は最近出会った。なんとなんく、自分に縁があるのかもしれないと思っている。ニキ・ド・サンファルも1日違いの10月29日。

 晩御飯は鶏肉と大根の煮物。鶏肉が食べたくなったのでスーパーやまかに買い出しに行った。大根をいちょう切りにして、先に茹でておく。新玉ねぎと鶏肉をフライパンで炒めて、大根とと共に温めた別のお鍋へ。味付けは塩、てんさい糖、醤油、酒、みりん、オイスターソース。味噌汁は油揚げと豆腐。作り方に慣れてきたのか、全部で30〜40分くらいで完成した。手際が良くなってきたのかもしれない。

 

せっかち

 焦ることないですよ。焦らんでください。無理に何かを生み出そうとしても、腹のなかになんも食べ物入っとらんかったらうんこ出えへんのと一緒ですよ。あんた消化いいですからなー。1日1回は必ず出ますやろ?そら、便通がええ証拠ですわ。1回と言わず、2回3回と出しますもんな。それは立派なもんですわ。栄養が足りひんのちゃいますか?ちゃんと食べてへんとちゃいますか?食べてへんのに出そうとしても、そりゃ数すくないものを絞り出そうとしてるだけですから、そりゃ出ませんて。なんと言いますか、焦るとこ間違ってますねん。しっかり、栄養取らんと。栄養取ることが大事ですって。それからですよ。それからのことですよ。出るか出ないかなんて。するーっと気持ちよく出ることもあれば、踏ん張っても踏ん張ってもなかなか出えへん時もあります。それって、ちゃんと食べて栄養しっかりとってる前提の話ですって。ちゃんと食べとらんのに、出すもんだけ出そうたってそんなんスルーっと出るわけありませんがな。あんさん、いま焦ってるように見えますねん。私から見たらその焦りてんでおかしい考えですよ。だってあんさんご飯まず食うてませんもん。そりゃ、出るもんも出ませんて。しっかり栄養吸収せんと。それがあって初めての排出ですやん。排出だけするやつおるんですか?しっかり吸収せんと。無理に出そうとしたらあきまへんで。健康が一番ですやん。それからでええですやん。今の焦りは前提がちゃいますねん。あんさん「どないしたらええんやろ。もうよおわからんわ」なんて歩きながら一人で言うてましたけど、そんなん簡単ですて。栄養とりなさい。ご飯食べなさい。散歩しなさい。吸収しなさい。身を置く場所を変えてみるねん。そうしたら、またすんなり出てきますて。な、せやから焦ることないで。焦るとこちゃいますねん。もう、あんさんってほんまにせっかちやで。かっちかちなるで。せっかちは。せっかちかっちかちや。ええか?大切なことやからもう一回言うで。せっかちかっちかちや。

 

ぐるんぐるん

 出ないものは出ない。それは休めばいいと言うものでもなく、ただ循環といいますか、そういうサイクルの順番みたいなそういうことがまだきていないと言うことではないでしょうか。サイクルを早めようとしたところでそんなのどこかで栄養も枯れてしまいますし、促進するためのお薬みたいなものもそりゃあるんでしょうが、そんなことしたところで目先のなんとかってやつでして、あまりにも歩みが遅いと嘆きながらも、歩むしかないと行ったところでしょうか。まあ、いいんですよ。なめくじで。なめくじが遅いと言うのは人間の傲慢な態度ですよ。なめくじにとっての速度はなめくじにとったらそりゃ、人間的にいったらボルトくらいのスピードかもしれませんし、ジェットコースターとか新幹線とか、光とかそういう速度である可能性もあるわけであります。あれが最速なんですよ。なめくじ界最速の男〜!なめくじ男〜!まあ、なめくじに男も女もあるのかどうかわかりませんがね。それでもなめくじにとっての速度を馬鹿にしちゃいけねえってことですよ。あれがなめくじ最速なんですからね。それに速度ってなんでしょうね。あなたの速いと感じる速度ってなんでしょうね。多分、車が早いとかそういうのではないでしょうね。自分の速度の遅さを嘆いているようですが、それってなんでしょうね。自分の速度ってなんでしょう。存在してますか。そんな速度。人生を最速で成功に導くとかそういう系ですかい?それは速度なんでしょうか。いまあなたが見ようとしているのはそういう速度なのでしょうか?あれ、なんかおかしいですね。あれ最速なんでしょうか。そんなに速いんでしょうか。お薬みたいなもんですよね?ああいうのも。あんた、聞く耳を持つってことですよ。それがあんたのやることですよ。スピードじゃないでしょう。力じゃないでしょう。あなたの耳を使うのです。なめくじに耳を傾けるのですよ。静寂に。静けさに。停滞に。滞りに。そのまま撹乱するわけです。そのまんまかき混ぜちゃえってことですよ。そしたら、ふわふわっと散り散りになりますねん。竜巻みたいにぐるぐる回り始めますねん。そこに耳をすますわけですわ。決して、そこから取り出そうなんて考えたらあかんで。人間の都合で消し去ろうとしたらあかんで。自分の中にある生態系を崩そうとしたらあかんねん。生態系は崩すんやない。かき回すんや。ぐるんぐるんやで。ぐるんぐるんにするねん。ええか?あとやで。みんな目を回している時に、目が使えなくなった時が勝負や。勝負所なんや。その時に、耳を使うんや。皮膚を使うんや。感じるんや。撹乱せい。そのまま、回せ。かきまわせい。ぐるんぐるんや。ぐるんぐるん。あっ、関西弁出てもた。

 

f:id:mizokoji:20170625130110j:plain

あたまのなかぐるんぐるん。

それをそのままかき混ぜて。

多様な生物溺れさす。

 

取り除かない。

かき混ぜた時の変化に耳を傾ける。

人の都合で生態系を壊さない。

20170624

友人

 友人は笑顔を見せた。「元気そうで何よりだ」そう言って手を差し出し私たちは握手をし、ハグをした。「ぼくはね、」少しうつむいていたので表情をうまく読み取ることは出来なかった。「やっぱりこの変化についていくことが出来ないんだ。ぼくはどう考えたって、この肉体を捉えることが出来ない。この声も、言動も、ひとつひとつの行動さえも、ぼくが動いているようには到底思えないんだ。なんて不自由なんだろうか。ぼくの身長は150センチそこそこのままさ。それとなんら変わっていない。それなのに実際はどうだろう。180センチもある。この体をどうやって扱えって言うんだ。ぼくにはさっぱりわからない。まるで、全く違う体になってしまったような気さえするんだ。走ることだって困難さ。体の動かし方がわからないんだからね。声だってどうだ。気づけば低くなっていく。その声をどう出したらいいか。ぼくにはさっぱりわからない。だから大抵の場合は喋ることをやめてしまった。諦めたと言った方がいいかもしれない。どうしてぼくは大人と見なされなくてはいけないのだろう。歳という数字で。外見で。一体そんなもので何を測れるっていうんだろうか。何か契約でも交わしたのだろうか。ぼくはそんなことをした覚えなんて一切ないさ。どこかを境に大人なんてそんなこと誰が言い切れるのだろう。ぼくはなんら変わってない。あの頃となんら変わらない。何も変わることが出来ていないのさ。それなのに求められる振る舞いときたら、いかにも紳士な顔をしていなくちゃならない。服装だってそうさ。振る舞いを求められる。そういうことが、どうして出来てしまうのかぼくにはわからないんだ。止まっているんだよ。あの頃からぼくの成長というのはすっかり止まっているんだ。それ以降されてきた教育は強要だった。あれは教育と言えないよ。ぼくはそう思う。だって、体が望んでいないのだからね。結果、ぼくは端へ端へと自身を追いやることになったのさ。恥を感じながら。自信なんて、自尊心なんてあったもんじゃないさ。そんなものはとうの昔に消え失せてしまった。希望や挑戦することばかりが良しとされることにぼくは疲れ果ててしまったのさ。だって、この体になんの希望を抱くことができる?こんなぼくの状態で何に挑戦することができる。それが強要なんだ。そして、その強要を受け入れることが出来なければぼくは溢れていくのさ。生活することも、息をすることさえ、誰かの助けを必要とする。それが今だ。もう、疲れてしまった。少し眠らせてくれ。今日はありがとう」友人は胸を抑えながら布団へ潜り込んだ。

 

太陽

 夜はあっという間に過ぎていきます。このまま朝が来なければいいのにと何度思ったことだろうか。私は朝に希望を持つことが出来ないでいる。太陽の力強さから逃げるように生きている。太陽は私には強すぎるのだ。力が強すぎる。どう受け止めていいかわからないのだ。そんなに力強く、明るくふるまわれたところで私自身どうやってその光の中に居場所を見つけることが出来るのでしょうか。出来ることなら暗闇の中で、ただひっそりと存在しているか、存在していないのかさえわからない程度に、生きることが出来たら。私にとって太陽はどうやったってなり得ない姿なのです。情熱も一瞬にして消えて生きます。思い立つことはあります。しかし、体を動かそうとしたその瞬間に、その情熱は消えて無くなるのです。私はまずこの体に絶望を抱いているのですから。その体を動かすことなど、どうして平気な顔をして出来るのでしょうか。声を上げることもです。私に耳に入ってくる声と、実際に私が発している声にどれだけの差異があることでしょう。とうてい埋め合わせることが出来ないほどになってしまいました。私は未だに受け止められずにいるのです。何事もなかったようにふるまいを強要されることも今となっては出来なくなってしまいました。止まっています。歳を重ねることが、体がつきが変化していくことが、声が変わっていくことが、大人になるということでしょうか。そうなった先では、何食わぬ顔をして、地位の前に跪くのでしょうか。年齢で、地位で、私はおとなしくその声に耳を傾け、跪いて「あなたのおっしゃることはもっともだ」と表情を笑った顔へと筋肉を苦労して動かし、いかにもあなた様がたのおっしゃることは正しいとふるまえばいいのでしょうか。とうていそんな強要に対して弱い私は耐えられるはずもありません。太陽はその強要にさえ思えるのです。絶対的な支配が毎朝私に襲いかかってくるのです。私は夜を望みます。しかし、夜はどうしてあんなにも流れていくのでしょうか。止まることなく、ものすごい速度で。夜は待っていてはくれないのです。そして、また太陽が私に顔を覗かせるのです。希望や挑戦をまるで強要するかのように、強い光を私に浴びせるのです。

 

調子

 胸苦しい感じが、3、4日ほど続いている。なにか入り込んできてるのだろうか。ただ、入り込んでいるものを出している。それだけなのだ。ただそうしているだけ。排泄行為を繰り返しているだけなのだ。憑依している。流れ込んでくるものを私はただ水を流すように、そのための水道管のように流し続けるのです。

 

f:id:mizokoji:20170624105647j:plain

与えられた課題から逸れてしまっても

それが自分の内側へ入り込んでいるのなら

課題に戻る正しさよりも

内側へと流れ続けたいと

思いました。