溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

小説のような日記です。児童文学みたいな人が書いてます。

20170728

いつも通り

 いつもと違う場所。それでも、やることは変えずにいつも通り。車の運転は緊張する。慣れるまで、気を張っている。慣れてきても気を張っている。慣れて来た時が油断しやすい。緊張感が背中を伝って、少し張っているような。だから気を張っているし、背中も張っていて、それでも車から出た時に空に手を伸ばして、身体中を伸ばすとそれはとても心地よく、そこはとても静かで、そよそよとただ揺れていて、体の中に空気が入り込んで来て、ああ息ができると喜んでいるというわけでもないけれど、自然に戻ったというか、嬉しくも喜んでるわけでもないけれど、感情的にはそうなのだけれど、それでも体自体は喜んでいるような気がする。体は素直に反応していて、やっぱりそれは窮屈な場所にいたのだから、高い建物もなく、あるといったら木々の連なりや山で、山は本当に三角だなんて今更ながら、そんな感想を言ってしまう。山は本当に三角なのだ。沢山の三角が連なって山になっている。山は三角の形をしてるなんてさも当たり前のようであるけれど、それでもやっぱり間近で山をみると、と言ってもやっぱり遠くからなのですが、ああ山は三角だとそう思えることが嬉しく、三角を描きたいと思う気持ちが今こうやって出てくることもまた嬉しいし、まだ描いていないけれど喜びを感じている自分がいたりするのです。それは結果というよりは発見への喜びで、例えば三角を描きたいように描いて、どういう風に描かれようがそれは大した問題ではなく、それよりも、山が三角であることを発見し、それを実際に紙に落とし込む、ただ三角を描き込むというその始まりに喜びを見出すわであります。それだから、ただ三角を描きたいと思っている。

 

 車の運転は思いの外スムーズだった。道もそんなに混んでいなかったのがよかった。それでもナビに頼るとなかなか最初は思うように進むことができず、最初の1時間くらいは目的地に向かっているようで向かっていないドライブみたいな時間だった。それもまた楽しんでくれる人がいるというのは本当にありがたく、そこで「しっかりしてよ」とかそういう言葉を投げかけられると、僕はきっと自信を失ってしまい運転する勇気がなくなってしまうのだろう。現に、運転が不安だと言われたことがあってその時、僕は運転する勇気がなくなってしまった。怖くて怖くて仕方なかったし、何をしていても失敗したように感じてしまう。そんなこともあったという話で、今はそんなに思ったりはしない。それよりもバックが前よりも上手くなった。バックのコツは左側のミラーにあり。彼はバックの立役者だ。いつの日もただ、左側の見づらい部分を写し出してくれる。何か意見を言うこともなければ、文句を言うこともない。ただ写してくれている。彼の存在に気づいたのはじゅうさんに教えてもらったからで、やっぱりクルマ好きな人に、運転が得意な人にちょっとのコツを教わるのはとても良かった。実際に、その場で教えてもらっただけで、見違えるほど安心してバックが出来るようになった。自分流もいいけれど、ちょっとのコツを教えてもらって上達するのも割と好きだ。それは物によってかもしれないけれど。それでもそういうのは自然と情報として入ってくるというか、あまりガツガツやろうとしなくても、必要なタイミングでそういう風にちょっとの視点やコツを教えてくれる人がいて、それまで自分自身でやってみたからこそ、こうすればいいのかと、すぐ腑に落ちたりするのだとも思う。運転したことないのに、運転のやり方だけ聞いてもよく分からない。実際に体験したことがあり、上手くいかなかったことがあるから、新しい視点を発見した時上達が早くなる。だから知識だけでもダメだし、やるだけでもダメでどちらも必要であり、そうやって積み重ねることが良いのではないでしょうか。

 

晩御飯

 晩ご飯は山盛りでお腹いっぱいだった。カレーハンバーグのしめじ添え、サラダ、大根とこんにゃくとちくわのようなヤツ煮物、刺身はホタテあって嬉しい、あったかそうめん、天ぷらもえびがあって嬉しい、グラタンみたいなお豆腐、多分ニジマスの塩焼き、コーヒーゼリー。漬物ときゅうりはあげた。たくさんおかずがあって、おかずに合わせてご飯の量を見極めるのはきっと野球をしていた時の癖だ。このおかずでご飯何杯いけると先を読む力をつけるのだ。「もう、そんなに無理して食べなくても良いよ」と、みーさんに言われる。確かにそうだ。もう野球をしているわけではないのだし、ほどよく食べればいい。それなのにやっぱり体に染み付いているものというのがあり、癖になっているのだろうと思う。今はたくさん食べなくても良い。あの頃はたくさん食べなくてはいけなかった。少食だった僕は体が細く、苦労していた。だけど、今はそんなに食べたら太ってしまう。今の自分の方向性にあったやり方に切り替えていくのがやっぱり大切だ。惰性で続けてしまっていることはどれだけあるだろうか。やめることも大切だ。しかし続けることもまた大切だ。何を持ち続けるかは自分が知っていなくてはいけない。だから僕は今書いているのだと思う。これは死ぬまで続けるのだろうとも思っている。ただ書き続ける。そしてこれが書き終わったら三角を描くのだと思う。大切なのは試してみたいという気持ちと、触れてみることだ。やってみること。何遍も何遍もやってみることだ。今更だけどギターでドレミファソラシドが弾けた気がした。やってみたら出来たような気がした。それは早起きして湖に行って、みーさんは絵を描いていたから、僕はギターを弾いていようと思って、触っていて、音を鳴らしていて、これはドの音かな、なんて今更やってみたわけで、それでもなんとなくわかるようになっているというか、そういう風にやっているといつの間にか出来なかったことが出来るようになっていて、1ヶ月で成果をあげるうんちゃらかんちゃらとかもいいけれど、どうせ死ぬまで続けることなのだから気長に永遠に運動を続ければ良いではないかとそう思えているのは、やっぱり時間の流れが、湖独特でその静けさが僕を安心させているのかもしれないし、海と違った、湖の装いと、何か自然の循環が集約されているような湖の環境が僕は好きなのだ。

 

 

f:id:mizokoji:20170728074002j:plain

西湖二日目。

少し曇り空ですが、雨が降らなければ樹海にゆきたいな。

20170727

祈り

 僕は確かに祈っているようだった。何か信仰をしているわけでもない。ただ、眠る時不安なことが舞い込んで来た。悪いことが起こらないようにと、安全に過ごす事ができますようにと僕は祈っていた。「起こること全てに意味がある」なんていうこともある。僕もそうやって捉えようとする。それもある意味何かの信仰なのだとも思ってる。それでも僕は、安全に楽しく生きたいと、事故や不幸が起こらないようにと祈っていた。それは僕が勝手にやっていたことで、誰かに頼まれていたわけではない。僕はことあるごとに祈っていた。願いに近かった。僕の願いを伝えていた。小学生の頃からだった。そういう習慣があった。僕にはそういうった習慣があったのだ。生まれた時からあった。僕に特定の宗教の信仰をしているつもりはないが、それでも祈る意味があると感じていたのかもしれない。それは優しいものであったし、頼れる存在だったのかもしれない。しかし、願うよりは聞きたいと、そう思ったのだ。これはふと思ったことで、思いつきだ。何か特別な意味を考えようとはしない。ただ、聞こうと思った。これも度々行っていることだった。「ゆっくり、静かに、慌てることなく。」そんな言葉が聞こえてくるのだ。僕はすぐに慌ててしまうし、できれば早くことを済ませたいと考える。心を荒立て、早く早くと急き立てる。理由のない焦り。焦っているのだ。ただ、焦っていた。自信のなさから焦っていたのだ。僕はずっと焦っている。ただ焦っているという感覚がある。どうにかそのことを言葉にしようとしている。人を見るたびに比較し、自分の劣ることばかりを見て来た。誰かに頼まれたわけではない。ただ人の良いところが、僕の目には浮かび上がり、それを見て自分には才能がないと思い込み、何もかもの自信を失って来た。しかし、それは僕にとって周りにいた友達こそが才能であり、それこそを活かすための仲介役でしかなく、僕はただその才能を見つけるための一器官にすぎず、それを活かすことも悪くないかとそう思い始めている。それなのに、僕は人に怯え、何か罵倒されるのではないか、男らしさを求められるのではないかと、ありもしない不安を抱いている。抱いているが故に素直になることも出来ず、武装するのだ。理論や知識で武装をする。しかし、僕よりも頭のいい人間など山ほどいて、言い争う勇気など僕には到底なく、今もこうしてありもしない争いを作り出し、怯え、平和な世の中がいいと自ら生み出す争いに嘆いているにもかかわらず、社会だ世の中だと、どこか他人行儀なことを言い始める。無意識での革命。現実で革命を起こそうとしてはいけない。そこで努力して躍起になっても仕方ない。落ち着かなくてはいけない。

 

早朝

 無意識に飛び込むのだ。私は朝の時間に安心していた。隣では妻がまだ眠っていた。イヤホンをして音楽を聴いて、少し目を瞑った。その時間にこそ私の居場所は存在しているような気がしたのだ。寝ている時間だった。人が寝ている時間だった。それは早朝。深夜ではいけない。深夜と早朝は違う。早朝の時間こそ、穏やかな時間があった。この時間にこそ、時間の広がりがあるような気がしたのだ。その感覚がようやく掴め始めたというか、ここに何かがあるのかもしれないと、そう知覚し始めているのかもしれない。私は揺れている。それは、揺れであり、その揺れこそが何か言葉を流し込もうとする一つの運動なのだとも思っている。それでも、朝が弱い僕は少し貧血気味で、深呼吸を何度も繰り返すし、ここではない場所にまず起きた時間を書き記し、自分の状態を書き記すのだ。調子が良いと感じているか、悪いと感じているか。昨日から調子が良いと感じることのできる朝を迎えることができている。それは環境に飲み込まれないし、自分でコントロール出来ている感覚があるということだ。私は圧倒的に見えない世界に支配されているのだとも思えている。それは無意識であり、声である。それは近くで聞こえるものではないのかもしれない。どこか遠くで泣いている声、叫んでいる声。声にならない声が、私の体に集約し始める。それを通し、流していく。これは通過儀礼のようなもので、苦しいと感じることすらある。それでも、何かこうして書かなくてはいけないような、何かに駆られてこうして書いている。耳を済ませている。時間に、早朝という空間に耳を済ませていた。見逃してはいけないし、聞き逃してはいけないのだ。私は人が眠っていることに安心した。早朝に人が眠っている中で書いていることに安心したのだ。安堵感に包まれていた。人が眠っていることに安心しきっていたのだ。

 

涼しい

 昨日から涼しいと感じる。うだるような暑さとは打って変わって、半袖短パンではさすがに寒いと感じてしまい、上着を一枚羽織る。暑さにうなだれていたにもかかわらず、いざどこかへ行ってしまうと、少し寂しい気持ちにもなる。僕は暑さに苦しめれていたわけではないのだと思う。それでもきっとまた暑さが戻って来たら「やっぱりちょっとうざいわー」とか自分の都合でああだこうだといい始めるのだ。人付き合いみたいなものだ。会ってない時は懐かしんだり、どこかそのことを思い出したりして物悲しい気持ちになったりするが、いざ会ってみるとやっぱりちょっとうざかったり、もうしばらく会わなくていいやとか、一人になりたいとか思ったりするのだ。一人でいるときは寂しいとか、悲しいとかそういうことを言い始めるのに、都合がいいのだ。都合が良くていいのだ。その時はそう思ったんだ。その時は。その時よりも深い場所に。奥には点があって、その点はとても頼りになった。それは紙の奥にあったし、窓の奥にあった。その点を頼りにした。きっと毎日移動する。多少なりとも微細に動いている。その動きを感じるのだ。季節もそうなのかもしれない。毎日動いている季節を総称して、夏とか秋とか言ったりする。それでも僕は秋の季節が好きだなと思うし、今日みたいな夏から涼しくなって来たこんな空気が好きなのだ。それでもまだ夏は終わってないこともわかっていて、暑さが和らいで安心しているようだけれど、どこか寂しいと感じていたりもするけれど、どうせ明日になったらまた夏終わらないかなと、夏にとって元も子もないこと言い始めるのだろうと思う。それでもこの早朝の時間はやっぱり好きで、人が眠っている時間が安心だった。深夜ではなく早朝。

 

f:id:mizokoji:20170727072546j:plain

今日はこれから西湖へ。

安全運転でお願いしまーす。

20170726

鳥の巣

 鳥の巣が転がっていた。もう使わなくなった巣なのだろうか。鳥の巣はとても頑丈に作られているように見えた。一本一本、木の枝やビニールのような素材のものまでどんなものでもうまく拵えていた。それでもそれはとても頑丈で、そう簡単には崩れそうにもなく、一本が積み重なり作られた巣をみて私は感心したというか、鳥さんに見習わなくてはいけないと考え、鳥さんが私の師匠となっていました。見渡しても鳥さんの姿はなく、ただ創作物だけを残していきました。鳥さんは生活のための創作をしているように思えた。生活の中に創作があるのだ。それは生きるためであり、命に関わる問題だからなのだと思った。小さい頃から親の姿を見て来た。親から巣作りを学び、そして自分の子にもその巣を作る。必要な創作なのだ。ただ、必要だからやっているし、そこに意味はないのかもしれない。意味を考えてやっていないし、ただ本能的に鳥さんは枝やビニールを集めて固めてゆき、巣を作っていた。その緻密さに私は脱帽していました。私は巣に憧れのようなものを抱いたし、私も巣が作りたいと、形ではない巣を作っているようなそんな感覚があり、私は鳥さんからもっと多くの教えを請わなくてはならぬと強く誓ったのである。

 

勇者

 肉じゃがの余ったつゆに、炒めた鶏肉と大根を投入。そのままグツグツ煮込んで大根の煮物に早変わり。肉じゃがも美味しくできた。ホクホクが体の中にどっしりと入り込んで来るじゃがいものおかげで僕は地に足がついていくような気がしまして、じゃがいもありがてえなとじゃがいもを見る目が僕の中で変わりつつあったのです。それでもそのじゃがいもからのバトンを受け取ってやっぱりそこには大根を入れたくなってしまう僕は、大根をどれだけでも煮込んでやりたいという欲求に駆られているのである。とにかく煮込んだ大根が食べたい。月に2回ほどやってくるその衝動は、僕は大根の元へ走らせるし、スーパーに並ぶ大根にすぐさま手を伸ばさせるのだ。本当は大地に突き刺さる大根を、勇者の剣を抜くように、毎回抜くことができたら幸せだとも思うが、まあそれと同じような感覚で、スーパーに並べられた大根を勇者の剣のように選び「君が僕の相棒だ!よろしくな」と行った具合に、レジのお姉さんにこれくださいと大根を差し出す僕の姿を一体何度見せているだろうか。特にそのことをレジの方々は触れることもなく、ただただ「大根一点入ります」と大根を一点と呼び、大根が買い物カゴからもちお会計済みのカゴへ映されていく立役者としての立ち居位置を崩すことはないのだ。僕はカゴからカゴへ移された大根をまだかまだかと待ちわびているし、勇者には剣だけでなく盾や鎧も必要だということで、勇者の盾になるトマトや、勇者の鎧になる鶏肉なんかも、僕は万屋で購入するわけだ。本当は、盾や鎧も畑かなんかでその場でこしらえることができたら良いんのだろうが、そんなことは言ってられない。僕は万屋で勇者になるための道具を揃えるのだ。勘違いしてはいけないが、僕は勇者になるための道具を買い揃えて勇者になるのではなく「あなたは勇者だ」というお告げがあったような気がして、買い揃えているわけなので、決して勘違い野郎とは思わないでほしいし、まだ勇者なんておこがましいですよとちょっと遠慮気味にこの万屋に並んでいるわけだ。「いやあ、まだわかんないんですよ。ただ、なんとなくやってみたいというか、挑戦してみたいというかお告げがあったというか、だから冒険に出る支度を整えないといけないななんて思ったりもして、いやでもひのきのぼうから始めるって手もあったのですけど、なかなか手強い敵もいるもんでして、僕そんなに自信がないのでだったら買い揃えちゃおうみたいなそんな気持ちでもあるんですが、いやいやでも素っ裸でも行きますよ。もちろんこれは冒険ですからね。だけど、相手は魔王ですからそれなりに揃えてから行きたいわけですよ。危険危険。スライムばかりじゃないですからね。世の中は。スライムにだって僕やられちゃったりするんですから。なんていうんですかね。僕、自信ない系の勇者なんですよ。なんでも買い揃えたくなっちゃうというか。いやいや、自信ある系の勇者もなかなか危険なもんですよ。肉体ひとつで旅に出ちゃうんですから。それじゃ武闘家じゃないですか。一応、僕勇者なんでそれなりの身なりとか気にしないといけないですし、どちらかというとみんなさんが期待しているのって、勇者としての見た目の方なんですよね。あまり力とか実力とかは評価の対象ではないんですよ。笑ってしまいますよね。実力主義とか言いながら、表面見ていますから。とはいえ、面接官もプロですもの。そう、何人もの勇者をなぎ倒して来たプロを相手にするわけですから、やっぱり僕もそれなりの準備をしていかなくてはいけないと思うわけですよ。今回は勝ちに行きますよ。そんなわけですので、今、勇者の剣と勇者の盾と勇者の鎧を購入しようという経緯に至ったわけですよ。ははは。」

 「707円になります」

 とまあ、いろんないざこざがありながらも大根と鶏肉とその他もろもろをゲットして大根の煮物にありついたのでした。

 

蚊帳

 我が家に蚊帳が登場した。まさか蚊帳の中で眠る日が来るなんて思ってもいなかったが、これが思っている以上に快適なのだ。まず、蚊帳に包まれた空間がいかにも寝るための空間として捉えやすいので、眠りやすいように感じること。そして電球の明かりなんかも布を通して入って来るので、幾分か優しく感じれる。そして蚊の恐怖に襲われないこと。これが何よりもこの夏の強い見方であるように思う。耳元プーンがどれほど恐ろしいことか。夜なんてもう見つけるの困難で一夜を共にしなくてはいけない。気になって気になって眠れなくなる。恐ろしい。考えただけでも恐ろしい。実際にここ何年か寝不足になったりしてたこともあったので、今回蚊帳がやってきたのはこの夏最大のビックイベントになっているのかもしれないと思うわけであります。蚊帳も糸であり、布であるわけで、近くで見てると不思議な気持ちになって来たりするわけです。この布が僕の安眠を支えてくれているとそう思うと、1枚の布でどれだけ世界が変わるのだろうとそんなことを思いながら、昨日はよく寝れましたありがとうである。

 

f:id:mizokoji:20170726120121j:plain

1週間くらい調子が落ち気味で昨日の夜抜けた感じがした。

今日は調子が良いと感じられる。

調子が良くても悪くても続ける。

その中でどうやって出力するかを実験する。

そんなことしてます。

 

月の影響とかありそうだな。

ここ数ヶ月は新月に向かうにつれて調子が落ちて来る気がします。