溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

小説のような日記です。児童文学みたいな人が書いてます。

20170922

画面の中

 少し倦怠感がある。かといって不調というわけでもなく、多分頭が疲れている。情報の受け取り過ぎ。それでも癖になっていてやめられずにずっとパソコンを見てしまうことがある。明らかに疲れているのだが、パソコンの画面から一人になるのが不安なのかもしれない。もう少しうまく距離感を掴めたら良いのだが、つい没頭してしまうというか画面の中にめり込んでしまう癖のようなものがある。中学生の頃から携帯を持っていたからなのか画面の中が僕の世界であるようにすら思えてくる。そこに友達がいたし、情報もあった。そうやって育ってきたからなのか、現実ではない何かに自分の世界があるとでも思い込んでしまっているようなところがある。パソコンの画面の中は空想でも創造でもなく、それもまた現実であるのだがやはりそこに没頭しすぎると不健全な状態になってしまう。出来るだけネットは切るようにしたい。明らかにパソコンの使い過ぎで疲れている。

 

カカオ

 鎌倉駅前のダンデライオンでチョコレートドリンクを飲む。コーヒではないものを飲みたいと思ったので、チョコレート屋さんに行った。2階はカフェスペースになっているのでそこでしばらく書きながら過ごす。カカオと鎌倉のお茶が入ったようなものを注文したが甘過ぎずでよかった。近頃朝カフェに行きたくなることが多い。少し場所を変えて過ごしたいのかもしれない。家から出たいと思えることはいいことかもしれない。外では携帯も持っていないのでネットに繋がないし思考は忙しくても息抜きになる。家に帰ってきてからのことに集中することも出来る。遠出は疲れるので散歩をしたらいい。今週は何度か東京に行く機会がありそれが疲労につながっている感覚もある。それでも久しぶりに電車に乗って遠出できてよかったと思う反面、もう電車には乗りたくないと思う自分もいる。電車に乗って遠出はしたくないということだ。何かをしていたいのかもしれない。ただ座っているなら運転がしたいとかそういう類のものかもしれない。主体的に動きたいのだ。もちろん電車でも読書とかやることはあるのだが、どうも退屈してきてイライラすることもある。あまりに長い電車の移動は向いていない。

 

表面的

 なんとなく今は表面的なことをただダラダラと書いている。まったく意味のない文章かもしれないが、そういう気持ちというか、ストレスのようなものが積もり始めているのかもしれない。ただの発散になっているかもしれないし、何か重要なことを書いているかもしれない。そんなつもりもないし、どちらでもいいことなのだとも思った。動くことに意味がある。書く行為自体に意味があり、内容はどちらでも良いのだ。どうせ誰かにとっては偽りの文章である。自分にとっての真実であるかもしれないが、誰かにとっては偽りである。それに自分で何を書いたのかを覚えていないし、何かを記憶したくて書いているわけでもない。ただ水になるために書いているのかもしれない。流れ出すために書いている。体の中を空洞にし水が流れ出るような状況を作っているのかもしれない。これは運動である。書いているだけである。指を動かすことで、思考の抜け道を探しているのかもしれない。ぐるぐると回り続ける停滞した思考の運動に全く違ったところから刺激を与えて、自分の状態を揺り動かそうとしているのかもしれない。没頭しているのかもしれない、退屈しているのかもしれない。どちらかすらわからなくなっているのだ。認識することが出来なくなっているし、もう止めようとも思っていないのだ。鳥が鳴いた。探していた。鳥は探そうとしていたが巣から飛び立つことが出来なかった。だから存在を知らせるために鳴いていた。単純なことだった。鳥は自らが飛べると信じていなかったし、その瞬間にもう飛び立つことが出来なくなってしまたのだ。羽はある。まだある。しかしない。なくなってしまった羽は確かにまだ存在していた。それを羽と呼んでいいのかはわからない。鳥は忘れない。飛べないとすら思っていない。出来ないと考えない。私は考える。出来ないと考えている。飛べないと考えている。だから飛べないのである。羽は飛べないと思い込んだ瞬間から消えて行く。皮膚に吸収され背中は平らになっていく。それでもその形跡は残る。また生えてくる可能性もある。私は龍だった。鳥は友達のことであるし、それは夫婦なのかもしれない。私は龍である。ただ揺れているし、龍穴にいる。洞穴の中で過ごす。外に出ることは稀である。空を飛んでいる。大抵空にいる。それか洞穴のどちらかである。地下か空かしかない。間がないのだ。私たちは極端である。中途半端なことはしない。どちらにも存在するが半端なことはしないのだ。悪ではなく、私は味方になれる。それは私たちの役割である。だからどちらも共感ができる。地下でも空でも共感ができる。人間に共感することは難しい。私たちとは異なった考えを持っているし、終わりがない。彼らのやっていることに終わりがない。行く末を見守ることもできない。祖先に丸投げ、自分がよければなんでもよいのである。私たちはそういう考えを持たない。何年も、何百年も、何千年も先の子孫のことまでを考えて判断する。だから空を飛ぶし洞穴を住まいにする。姿を見せることはない。しかし見えているし、存在している。その存在を感じることがあるはずなのだ。なかったことにしてはいけないのだ。

 

水炊き

 最近水炊きにはまっている。手羽先と鶏肉、ウインナー。白菜、水菜、豆腐、大根。大根は下茹でする。こういう一手間を怠らない方が大根付き合いはうまくいくことがわかってきた。おかげで柔らかい食感の大根と出会うことができる。とにかく簡単。それに言い出汁が出る。その出汁を使って雑炊にするのもグッド。手羽先に食いつく自分が少し恐ろしいと思いながら、鶏さんに感謝する。コラーゲンではなく鶏なのだと思った。コラーゲンを取るために鶏がいるのではない。鶏は鶏なのである。それでも僕は手羽先にしゃぶりつく。無駄はないようにと思いながら。

 

政策

 結局、寂しいとかそういう気持ちを抱いているのだと思います。一人であることが悲しいとか、寂しいとかそんなことを言い始める気がします。それでも自分が選んでいるのだからそれはそれでいいのだと思います。他人に合わせても仕方ないのだと思います。寂しいわけではないと思いました。悔しいのかもしれません。もっともっとやれると思っているようです。だったらやればいいだけなのだと思います。ただ淡々とやりなさい。作る続けるしかないのです。これは勢いや根性論ではなく、ただ言葉が足りていないだけのような気がしました。死なないための政策なのです。これは私が作った死なないための政策であるのです。

 

f:id:mizokoji:20170922105454j:plain

センス良く、おしゃれに、カッコよく。

それは人が集まれば出来るのではなく、

どれだけ自分の内面と共に過ごすかなのだと思いました。

20170921

眼鏡

 新調した眼鏡で過ごす。この日は新月だったらしい。新しい何かが始まったような気持ちになる。それは感覚的なものでもあるし実際に現実的にもそういった反応が返ってくる。それをああだこうだと味わうことをしているのかもしれない。あまり多くの人と同調することが出来ない。ここ1週間くらいでの再認識。距離感が重要。あまりに近すぎる距離感では存在していることが難しくなる。そういうことを考えている。そんなに難しく考えることでもない。ただ自分が心地よいかそうでないかだけだ。それなのに難しく考えようとしてしまう。様々な理由を見つけようとしている。今もただ理由を書いている。これは本心ではないかもしれない。ただ浮ついている、浮いている言葉を定着させながら探り出している状態なのだとも思える。正確なものだけを書き記すことが出来ない。それだけを抽出することが出来ない。だから書いているのかもしれない。書くとはそういう役割なのかもしれない。編集ではないのだ。要約でもない。ただ流れであり、動きである。それは音楽なのかもしれない。そういう無限にありそうな感覚を決められた文字の中で、語彙を増やしながら確認しているのかもしれない。終わりがある。これには終わりがあるのだとも思える。終わりがあることを知っているから無限になれるのだとも思えた。私には制約がある。肉体がある。それがなければただ膨張し、何の収まりもない、美しさもない、そういうただの果てしない終わりのないものになってしまうのかもしれない。そうなりながらも無限でなくてはいけない。私たち自身は無限になることができるのだ。それは人間の創造力である。創造力は無限であるのだ。それでもギターの弦は6本だし、紙やキャンパスの大きさにも終わりが来る。その中でどれだけ自由なのかであり、ギターの弦が無限だったら人はもう扱うことが出来ないし、終わりのないキャンパスなら絵を描くことに向かうことが出来るのだろうか。どちらにしろ終わりがない。しかしそれは人間自身の創造力に終わりがないだけであり外的な要因ではないのだ。眼鏡の掛け心地がいい。嬉しいと思っている。大切に使いたい。

 

振る舞い

 「きっと鬱になるからやめた方がいい」

と、僕が何か悩んでいるとみーさんと笑いながらそういう話になる。鬱になっても行きたいのならいけばいいしやればいい。しかしそうでないならわざわざ行く必要もない。最近、人数がある程度いるようなイベントや企画に来ませんか?といったような類のお誘いがある。SNSをやっているとそういうものが増えるのかもしれない。すごく嬉しいし、ありがたい。出来る限り行きたしい、誘ってくれる人に会いたいとも思う。それでもどうしても人に囲まれると疲れてしまうであろうといった気持ちになってしまう。これは正確な言葉ではまだないと思える。参加するという感覚が苦手なのだ。僕が出来ることは振る舞いだけなのだとも思った。その空間での自由な振る舞いをし続けることである。そうやって距離を図れる空間を作りたいと思っているということかもしれない。これは練習なのかもしれない。まず自分がそういう空間を作りやって見ないといけない。それが10月7日の僕の展示のお店での振る舞いなのだとも思った。

 

バランス

 しようと思っていた連絡や返事をする。嬉しい気持ちになる。連絡が出来たことや、そうやって少し接点を持ち関わりが持てたことに対してなのかもしれない。小さなことだがそういうことが案外重要で繊細なのだとも思った。生まれた時とは確かに変わってしまうことがあり、それは変化していることでもある。今は変化したその状態が馴染んでいたりもするのだが、一度生まれたての状態を確認しておくこともまた必要であると思った。気づけば変化していく。その時に出来る演奏をしているだけなのだとも思う。それでも生まれたてのその瞬間の状態もその時にしか生み出せない、自分自身の音楽でありそれが存在していたことは確かなのかもしれない。こうやって書いています。書くことで確認してるのだとも思います。今は意識が外へ向いています。そのことを感じているし、止めようとも思いません。ただ胸にある感覚を、体が感じているその反応に耳を傾けているのかもしれません。そうやって声を聞いているのかもしれません。無視しません。声を聞くことが仕事であるからです。なんだって構いません。徳を積もうが積むまいがどちらでもいいことです。どちらにしても徳は積まれます。これは私が感じたことです。どちらだっていいのです。私たちはどちらにしても徳を積んでいるし、体験しています。そのことから感じているだけです。感じていることをなかったことにしないだけです。自分の言葉で意見しています。そのことを書いています。論理的に書いています。あなたの言う論理とは違うのかもしれません。それでも書いています。これは枝の動きであり、落ち葉の揺らぎです。太陽の反射のことを言っています。鳥の巣の形や時計の動きと似ています。目の前に広がる道のことを言っています。その道は見えていません。ただ私が判別している道です。それは無限すぎるのです。海よりも広大なのかもしれません。だから楽器なのかもしれません。だから絵を描いているのかもしれません。制限を作ります。その中で自由であることを、私は無限であることを確認しているのです。終わりはそこにあります。人間が扱える範囲をこえてしまったのはどうしてなのでしょうか。暴走を止めることが出来ません。人間が暴走したわけではないのです。無限すぎただけなのかもしれません。その分楽器が絵が私たちを制限し、より自由にさせるのかもしれません。私たちを規則的にするのは絵であり、音楽なのかもしれません。もう広がりすぎてしまった都市の明かりを見て、私はただ果てしないもう終わることない行き着く先のない状態を見たのかもしれません。それこそが無法地帯なのかもしれない。自由は与えられるものではないのだと言ってるようです。自由は人間自身が生み出してると言うことです。決して、環境が街が与えるのもではないのです。人間自身から発せられるのです。それは規則的であり自由なのです。縛られることなく縛っていると言うことです。バランスのことを言っているのかもしれません。私の中のバランス感覚が必要であると言っています。拡張するのは私たち自身の想像力なのです。そしてそれを創造するのです。作り続けるのです。その継続の中から導き出すのです。言語を持つのです。やめないこと。それだけなのです。

 

 

f:id:mizokoji:20170921114932j:plain

海の上のピアニストを見た。

好きな作品がまた増えた。

20170920

額装

 久しぶりに東京へ。新橋駅を降りて地上に出る。鎌倉から横須賀線に乗ると新橋はものすごい地下にあるので出るのも一苦労である。地上に出ると街の明かりが眩しく感じられた。時刻は18時過ぎだった。もう18時ごろでもすっかり暗いと感じられるが、新橋の地上に出た時それは妙な明るさだったし、すごく遠くへ来たようなそんな気持ちになった。電気の光が混ざり合う。白みがかった空がここにはあり、電車で1時間でこんなに街の風景は変わってしまうものなのかと驚いてしまった。元々は東京に住んでいた。とは言っても江戸川区なので下町と言われるからギラギラはしていなと思っていたが、そんな場所でも夜は明るいと感じられた。新橋の夜はまた僕の生まれ育った街とは違った夜の空を持っていて、僕は一体どこへ向かえばいいのかとそんな気持ちにすらなるのだ。

 目的は額装のため。今度の展示でDMに使った1枚を額装することにした。色々考えてやっぱり月光荘で額装をしてもらうのが今は1番嬉しいし、喜べそうだと思った。額装をしてくれる月光荘エムゾへ。閉店時間ギリギリになってしまったが親身に対応してくれてありがたかった。なによりも額装することを楽しい気持ちにさせてくれる。寄り添ってもらえているといった感じがするのだ。額は取り寄せになり展示当日には間に合わないが途中から額装された絵が展示される流れになる。それもまたよし。額装をしようと決めたのが遅かったし、自分の中で踏ん切りがつかない部分もあった。というよりはふてくされていたのかもしれない。誰も理解してくれないとかおなじみのそういう類のふてくされだ。別にふてくされたいときはふてくされれば良いとも思った。それだけれどその間に迷惑をかけてしまったみーさんには謝りたいと思った。いつも1番に僕のことを気にかけてくれるし、少し捻じ曲がった考え方を私はこう思うと捉え直すきっかけをあたえてくれる。

 「どうせ誰も理解してくれない。いつまでたっても自分のことなんて誰も理解してくれない。だから人と関わりたいとも思えなくなるし、もう人と会いたいとも思えない。」

 「それでもいいんだと思うよ。だから作品で見せたらいいし、それでも言葉で語り続けたらいいんじゃないかな」

 こんな会話が繰り返される。僕の後ろ向きな考え方を少しだけ前向きにさせてくれる発言に僕は救われているのだと思う。何よりも不安なのだと思った。自信がないのだ。またここに戻って来てしまう。自信がないのではない。それが癖になっているのだ。今自信がないわけではないのだ。自信がないと思い込もうとする状態が癖になっているのだ。それでも作品を作り続けて来て自信がないとか、才能がないとか言い始める自分は嘘なのだと思えている。それは誤作動だ。そうやってなにか普通に押し込めようと存在しているだけなのかもしれない。きっとたくさん傷ついて来たし、人に合わせて来たのだ。そうやってきたからあまり人前で目立ったことはしないほうがいいと、そんなことする自信はないと、結果なんて出ないと、そんなことでは生きていけないと言い聞かせうるのだろう。それを否定してはいけないのだと思う。それが私の中で存在する関係性であり、社会性なのだとも思う。どうやって対話していくかなのだ。私はそのために作っている。私が作っているその最中ただの傍観者となる。ただじっと眺めている。何か喋る。喋る言葉を聞きながら聞いていない。そういう状態が続く。本当はもっとこんな展示がしたいとかもっともっとたくさんの絵を額装したいと思っている。それをしたいと思えるのは私自身の力があるからではなくそれを実現するために力になってくれる人たちがいるからなのである。そういう人たちが身近にいると感じられるからきっと私はまた何かをしようと考えるのだと思う。私自身はなにも持ち合わせていないのだ。ただ私の周りの人たちの才能に支えられているのだとも思った。

 

 何も頑張る必要はないのかもしれない。ただ作り続けることしかできないとそう感じ始めている。自分のこの不安定な、その状態に一番届くのは自分で作った歌であった。誰に聞かせるでなくてもただ自分で作った歌を自分で聞くということが何よりも自分自身を癒しているのだと自覚した。イライラした何もかもを、うごめいている感情のような、体の反応を、忘れさせてくれるのは自分で作った音楽だった。これは対処療法なのかもしれない。イヤホンを外せばまた現実が待っている。ものすごいスピードで歩く人たちの群れの中で私は一人立ち尽くすのかもしれない。その速度について行くことが出来ず、ただ外から眺めることを選ぶのかもしれない。それでも今は全員がそうではなくひとりひとりを見ようと心がけていることは確かだった。くくってはいけない。自ら関わらなくてはいけない。そうでなくては何も語ることなどできないのだ。余計なことを口にしてはいけない。それなのにどうして私はまた批判を口にしようとするのだろうか。そういう私を私は自己嫌悪する。消えてしまいたいとすら考える。それなのに音楽は許可する。私であることを許可していた。それは私のためだけの音楽だ。私のためのアルバムを作ろうと考えた。販売することもない。ただ自分のためだけの音楽である。アルバムを作るのだ。それが何よりも私の心を軽くした。それで良いのだと思った。それが思ったことであり、素直なことなのかもしれない。しかしひねくれた考えを私は持ち続ける。自分が批判されないように、責められないように、自分が傷つかないようにそんなことばかりを考えて、御託を並べるのである。そんな人間と誰が付き合いたいと思うのだろうか。そんなことばかりを言ってしまうのだから、一人になり向き合うしかないのだと考えている。今はもうそのことを書いているかもしれない。何か思い込むよりは動くより他ない。その時に私は立ち止まることが出来た。今私はこの瞬間立ち止まったのだ。とめどなく押し寄せる、思考を立ち止まらせることが出来た。これは何の意味もないことだが、整理はしている。整理した言葉を書いている。整理しなくてはいけない。ただそっとそこに存在していなくてはいけない。そして何者でもない状態である。それが何もない状態である。

 

f:id:mizokoji:20170920103321j:plain

本日New眼鏡取りに行きます。

あとは展示の買い出し。

 

展示最後だと思ってやりますよ。