溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

詩的な日記小説です。児童文学みたいな人が書いてます。

20170810

カプチーノ

 朝起きるもイライラしてしまい、八つ当たりのような接し方をみーさんにしてしまう。朝、病院に行く予定だったので、イライラする感情を脇に置いてそのまま家を出た。しかし、途中でプツンと糸が切れて「どうせ行ったところで何も救われない」と思い、引き返して行くのを辞めてしまった。仕事に行くみーさんとちょうど鉢合わせたので「ごめんなさい」と謝った。謝ろうとしたと言うよりは、ただごめんなさいと言葉が自然に出てきた。

 何もしていないのに汗が出て来るので、それにも参ってしまい、その後一旦カフェに行った。朝だったのでモーニングのセットにしてカプチーノカプチーノはほろ苦くて、今の気分にはぴったりだった。少し気持ちが落ち着いた気がした。どうしてこんなにも感情をコントロールできず、人に当たってしまったり、しまいには落ち込んでしまったり、最近は1日の中で感情の起伏が大きいように思える。そりゃこれだけ暑ければ、少し人の気分はおかしくなるんじゃないかなんて思ったりもする。おかげで、今日はやに涼しく感じる朝だ。風が冷たい。寝ていて寒かったもんだからかけていた布団の中にすっかり潜り込んだ。肌の出ている部分は冷たくて、もうすぐ秋がくるかな、なんて期待し始める。まだ8月も始まったばかりだ、なんて思ったらもう10日も経っていて、いつの間にと、夏の勢いについていけていない。

 

 珍しく、2日間連続で友人と電話で話す。電話といってもLINE通話。僕はどうも口を開き始めると、全く違った何か勢いというか、エネルギーが生じる気がする。最近は特にそうだ。基本的に人と合わない生活をしているからか、いざ、話の通じる友達となると、変にテンションが高くなる。それでも、長時間は持たないので、ちょっとの時間がちょうどよいのだと思った。そうしてまた籠るのだ。僕は一人で籠ることが怖くて仕方なかった。そんなことできないと思っていたが、案外やってみるとそんな生き方もできるもんなんだと思えてきた。今は、こういう生活を習慣化している時期なのかもしれない。うまく行くときもあるし、そうでない時もあるが、ただの実験みたいなものなのだから、気長にやれば良いのだと思った。最近は、徐々に朝方にシフトできているので良しとする。それと自分の、仕事量みたいなものを持つこと。昨日でいうと、ここでは約2,500文字、「186」という題の執筆これは約2,800文字。それと別のフリースペースのような場所に昨日は約1,000字。詩を2作、絵を絵の具で3枚、ペンで3枚。一応昨日は数字にするとこんな感じになる。もっと量を増やしたいとも思うが、どうも集中力がなく、ダラダラとした時間が続いてしまうのが気になるところ。あとはギターをしたり、織りをしたり加わってくる。こちらは数値的な目標というよりは、気が向いた瞬間に一気に取り組むといった感じかもしれない。ただ、ぼーっと考えている時間も必要である。余白のある時間。余白を恐れてしまいがちだが、そこを恐れずにぼーっとしていたい。時間持ちでありたい。多分僕は好きなことをとことんやっているのだと思う。素直に。堂々と。それは葛藤や苦痛も含めて好きということだ。それも全て当たり前のように行為として行われ続ける。そう、それで会話をする、口から音を出すことが楽しいもんでもある。相手との交わりを感じること。そうやって何か空間が立ち上がり、広がって行く感覚が好きなのだ。それでも一人で籠って生きる力をつけて生きたいと思う。僕の仕事の仕方はやっぱりこういう方があっているのだなと最近思う。

 

子供

 なぜ理不尽を感じながらも、それが当たり前だからと理不尽を飲み込んで働いたりしなくてはならないのかが分からなかった。その都度、話すもののそれが社会だからとかそれが働くってことだよとか、それが大人ってことだよとか、そういうことを言われ続けてきた。しかし、それが大人なのだったら大人にならなくても良いし、僕は何よりも僕の体で起こる反応を信じたいと思っていた。それを抑え込むことがそもそも出来なくなってしまった。知ってしまった人には知ってしまった人なりの生き方があるはずだ。なんかおかしいよねっていうその問いを押し殺してはいけない。その問いこそ使命であるし、小さい頃から持ち続けた約束みたいなものなのだとも思った。今なんでそのことを書き始めているのかはよく分からないし、ただ単に流れ込んできたから、文字を表出させているだけなのだとも思う。何よりもの喜びをやりたいことをすぐにやることだ。それをやれない状況にしてしまうことこそ具合を悪くする。詩を書きたいと思った時に、体裁を気にして、そんなことを考えてうまく書けなかったが、子供の詩を見た時、こんなに簡単な言葉で表すことが出来るのかと感動した。僕は行き詰まった時、子供の作品をよく見ている気がする。僕はいつも体裁に悩まされるから、その子供の作品を見て自由にしてもらう。僕自身では到底自由になれないから、僕は子供の力を借りてしまう。見せつけられるのだ。子供の声と動きを。それが僕の内面を動かしはじめる。子供にやらせて、それを見ないと動けない大人なんて情けないと思うが、子供たちこそ僕の先輩だと思うことすらある。恥じることなく、堂々と詩を読み、うたうその姿こそに僕の内面が動かされる。人の作品を見て窮屈にさせるならそれは僕のやりたいことではないのだと思う。作品自体でその人を動かし、内面を表出させるのだ。と言いつつ、僕はなんだか情けないといま思っている。子供に頼っている。自分では生み出すことができないから、子供に頼っている。そうやって子供子供言っている自分がどうもおかしな人間だと思える。子供も人間だ。大人も子供もないのだ。大人と言われる人間はただのこじらせた子供だ。ガチガチに育った子供なのだ。だから、子供こそ僕の先輩である、子供に教えてもらわなくては僕は生きていけなくなっているのだ。体裁ばかりが気にかかる。だからサポートしてもらうことが必要なのかもしれない。そういうものをひっくるめて僕自身なのだ。僕が一人で何もかもをやっていると思うなんておかしな考えだ。僕を取り巻く様々なものが、僕自身をそもそも生み出しているのだ。僕は特にその影響を子供たちに受けている。それがきっかけで生み出している。

 

f:id:mizokoji:20170810083530j:plain

涼しくていいな。

これくらいがいい。

 

もう、秋に向かおう。

20170809

都合

 私は大変都合の良い人間で人にはああだこうだと、調子よく何もかもわかったような口を叩きます。自分のことなどろくに管理もできず、ただ感情に流されることしか出来ず、時間を守ることも、約束を守ることも出来ず、人として守るべきものを守ることが大変困難に感じられます。すごく、すごく難しいのです。当たり前のことと言われることができません。洗い物をすぐにすることが出来ません。それで木の素材の箸やスプーンが劣化していきます。そんなこと、先のことを考えることが出来れば当たり前であり、ささっと洗い拭き取れば済む話であるのですが、それをすぐに行動に移すことが出来ないのです。すぐに放置してしまいます。挨拶も心地よく出来ません。声が出てこないのです。素直に気持ちよくおはようと言うことが出来ません。目を見ることが怖いです。人の目を見て話すことが怖いのです。すぐに自分のことを考え始めます。人の話を聞かず自分のことを考え始めます。そういうことが、私をオープンにさせることを拒ませます。出来れば隠しておきたいのです。

 

土地

 コペンハーゲンのお店でチキンブリトーを食べる。飲み物はレモネード。炭酸が入っているものだと思ったが、実際はそんなことないらしい。すっきりしていて飲みやすかった。なんだかアメリカンな雰囲気で、サーフ系な様子でどこか遠い場所にでも来てしまったような気がした。僕に、この土地は自分の肌に合うと思えるような場所はあるのだろうか。どうせどこに行ったって、死にたくなるし、落ち込むのだ。しかし、なにか居場所というか帰る場所のようなそういう土地があるのかどうかが気になっている。肌に合うと言えるようなそういう場所が。根無し草なのか。どこにも根をはることが出来ずに、フラフラと生きていくのだろうか。それともどこかの大地に根を張り生きていくことが出来るのだろうか。どこか虚無感というか、抜け落ちてしまった何かを探しているような、そんな気がするのだが、そんなことより置かれた場所で咲きなさいと言われればそれまでなのかもしれない。しかし、どうしても、ここが自分が生まれた、生きて来た場所だったのかと言えるようなそんな場所が欲しいと思っているのかもしれません。

 

主犯者

 どうせ、あなたは人を見捨てるんでしょう。これまでもそうして来たし、これからもきっとそうですよ。そうやって人を傷つけておきながら、自分が傷ついているようなふりをして、あたかも自分は可哀想な人間だと装い、同情を買い、それが薄れて来たなら、また別の同情を買ってもらえるような物語を作り、そうやって永久に、わけのわからない商売を続けるのではないでしょうか。それが楽しいなら構いませんが、私からしたらいつまでそんなことをやっているのですかと言いそうになります。すみません。もうすでに言っていますが、遠慮する間柄ではないのだと思っていましたので。そうです。遠慮する間柄ではないのです。それに、例えばですけど約束通り病院にいったところで病院があなたを楽にしてくれるわけではないですからね。楽になりたいなら、あなたが何か行動を変えなくてはいけません。あなたはすぐに何かにすがろうとする。なんだって構わないのでしょうね。一体何を考えているのか。何も考えていないのですね。考えているような素ぶりを見てせているだけで、実際は何も考えていないのですね。あなたはそうやって素ぶりをするのです。何もしていないのに、何かしているような、何もしていない自分を見られてはいけないと言ったような調子で、すぐにそうやって何か偽ろうとするのです。しまいには、土地が悪いとか、人が悪いとかですからね。私は呆れて、言葉も出ません。この後に及んで、まだそんなことを言っているのかと、そう言いたいのです。その奴隷意識はもうぬぐい去ることすらできないくらいまでになってしまったのでしょう。みな主犯者をせめます。悪いのは同調したあなたですよ。思考停止した、あなた自身ですよ。主犯者はただそう言っただけです。そこに同調したあなた自身が悪いのです。悪はあなたです。そうお前が殺しているのだ。これまでの過ちを引き起こしたのはお前自身だ。お前の過ちだ。人のせいにするな、主犯者が悪いと思考停止しているやつらの言葉など耳を傾けるな。また、何か起きて主犯者が悪いと言い始めるのだ。誰が悪いと攻め始めるのだ。お前の無意識が引き起こした、争いであり、死者だと忘れるな。まだ続いている。無意識化で殺しは行われていることを忘れるな。お前が主犯者だ。お前がやった。そのことを言っている。

 

ドーナツ

 ミサキドーナツでドーナツを買って帰る。チョコカスタード。すっきりした味。上に乗っていたチョコっぽいものはチョコではないようだった。食べながらサウンドオブミュージックを観る。図書館で借りて来たもの。ミュージカルしすぎてなくてよかった。音楽が主体にある気がしたからだ。音楽が主体にないミュージカルは苦手なような気がした。なんというか、ただの自己表現のようなものを見ているのは僕にとっては苦痛なのだ。音楽が主体。これがひとつのキーワードのように思った。そうじゃないと僕はそこに存在することが出来ない。必要なのは存在できるかどうかなのだ。自分自身の生存を考えている。それは生存できるのかどうか。そこでは生存ができるのかどうか。

 晩御飯は冷やし中華。特製のふわふわたまご。どうしてもスクランブルエッグになってしまうが、仕方ない。美味しいからよしとする。あとはハムを乗せて。今日はうんちの出は良かったが溜まっている感じで心地よくない。溜め込んではいけないが、うまく出てこない状況もある。無理に出そうとしてもそれは苦痛で仕方ないもので、出てくるまで待つということも大切なのかもしれない。待つことも大事な時間だ。しかし、そこは自分の意識がどこに向いているかが重要である。意識がどこへ向いているのか。誰も楽にしてくれない。誰かは楽にしてくれる。現代社会に依存しているのは誰だ。病院が、政治が、宗教が、先生が、親が、家族が、友達が、楽にしてくれると思い込んでいるのは誰だ。否定しているのは誰だ。救われないと不平不満を述べているのは誰だ。自分で救え。自分のことくらい。自分でやれ、自分のことくらい。

 

f:id:mizokoji:20170809110452j:plain

自分でとか個性がとか、そんなありもしないものにすがって自分を苦しめているのは自分自身だ。

 

それでも言い続けている。

 

20170808

記憶

 22時ごろには布団で横になるも、なかなか寝付けなかった。フワーッとなったら目が覚める。フワーッとなったら目が覚めるの繰り返し。横になって窓からちょうど月が見えていた。吸い込まれそうな月。時折、雲が明かりを遮ろうとするが、それでも月明かりの方が輝かしく、雲から溢れてしまうこともあり、それでもやっぱり雲は月を隠して、最後は雨を降らせて、風は少し止んで、雨音が建物と一緒に鳴り響き、そんな具合で、僕は寝ては覚めてを何度も繰り返し、夢を見ては、起きてを繰り返した。夢といっても出て来るのはやはりこれまで関わって来た人たちであり、中学生ではなく、小学生からの友達だったりもする。それより前は思い出すことができないのかもしれない。謎のまま。それでも、夢の中で人に出会うたびに懐かしい気持ちになるし、確かにあの時、あの街で存在していたと言うか、そこで成り立つ関係の中で必死に生きていたというか、それなりにやっていたと思うこともある。ただ、大切なのはその頃に何か大切な感情を無視してしまったと言うか、好きなのに好きと言えないとか、嫌なのに嫌と言えないとか、そういうことをうまく表現できずにいたことをひた隠していたような気がしていた。感情をうまく表に出すことが出来ないでいた。これまでも。それは当時からあったことで、どうやっても何か見えない人間の地位みたいな絶対的にそいつには敵わないと感じ、そのことに怯え、どうやって逃げるかばかりを、出来るだけ対面しないかばかりを考えていた。何か僕の弱みでも握られてしまったかのような気がしていたのだ。僕は小学校の頃好きな人がいた。そのことを、ある女の子に知られて、その女の子が僕の何もかもを握っているような気がしてならなかった。その子は僕が好きだった子とも仲が良かったし、僕と好きだった子は多分両思いであったのではないか。そこの間を取り持つように現れたもう一人の女の子。その妙な三角関係に僕は怯えてしまったのだ。現れた女の子に恐怖を覚えていた。僕の恥ずかし部分を全て握られてしまったような、秘密を知られてしまったようなそんな気がした。僕は自分の中でしまいこんでおくことが多い。割とオープンではあるが、大切なことは自分の中にしまい込んでしまう。それなのに、僕が隠していることをなぜかおおっぴらにされているような、それがすごく恐怖に感じられたことを思い出した。

 

罪悪感

 僕はなんとなく、過去に罪悪感を抱いている。過去の行いに対して、もう償うことも出来ないのに、何か罰でも背負ったように生きている。その時々に僕がしてきたことは悪だったのかと、そう考える。しかし、その行いが僕と誰かとの関係の中で生まれた罪悪感だとしたら、それはお互いが任意の上で成り立っていた可能性もある。まるで僕が一方的に全てを決めていたような言い方になるが、お互いの対話の上で成り立っていたこともあるはずだ。それは、未熟であったかもしれない、しっかりとした合意のないまま進んでしまったこともあったかもしれないが、それでも懸命に人間同士が、そうやって関わって、出した答えを進んでいたのだから、それはそれで良かったことではないだろうか。どんなに過去を憂いても、どんなに過去を嘆いても、変えることができるのは未来だけかもしれず、そんなこと何を今さら言っているのかと思う。それでも、懸命に生きて来た自身の決断や行いを否定することが、どれほど無意味か。それでもやめられず、気づけばそういう思考回路の渦に飲まれてしまう、その状況ですら意味もないと打ち消してしまうことが、どれほど、自分に対して不誠実であるか。絶望絶望といいながら、誰よりも希望を抱いているのは私自身だ。どれだけ打ちひしがれようと、誰よりも明るい未来を、健康で平和な、退屈しない、誰もが幸福である未来を、思い描いているのは私自身だった。それは他の誰でもなかったのだ。他の誰でもない、私自身の未来だ。元気に、健やかに生きることがどれほど素晴らしいことか、例えそうでない状況だったとしても、それすらも素晴らしい状況であると、そこから溢れるエネルギーがどれほど素晴らしいかを知っているのは私自身だった。

 

模倣

 僕は自分の言っていることを自分から生み出しているとは到底思わない。誰かのコピーに過ぎない。誰かの言葉を代弁しているに過ぎない。模倣をしているに過ぎない。学んでいるに過ぎない。学習しているに過ぎない。決して自分の考えではない。誰かの受け売りでしかないのだ。だが、それをあたかも自分の考えのように振る舞うことだけを、演じることを日々研究している。僕自身は大した人間ではなく、僕が学んでいる人たちが素晴らしいのだ。僕はただそれを吸収し、振る舞うことでしか、自分というものを動かすことが出来ないのだ。まるで演劇のようで、それでも構わないとそう思った。演劇なんて苦手だと思っていたが、僕がやっていくことはそういうことでとにかく勉学に励み、自分ごとのように吸収することが僕のこれからなのだ。決して自分らしくとか、自分の考えとかそんなものに流せることはないし、誰よりも自分の言っていることを信用していない可能性だってある。僕は知識で話をしているし、そうやって語りかける。知識は記憶だ。生前の記憶。声である。入り込んでくる声なのだ。僕自身はなんだっていいのだ。ただ、印象に、体に染み入った言葉を延々と語り続けるのだ。僕は体に声を集約している。そうやってあたかもそれが自分であるかのように振る舞い続けている。それで構わないのだと思った。それが、染み込んでいけばいい。誰かの言葉は私の言葉であるし、そうやって模倣が、私自身になり、そうやって演じ、それは即興ではなく、日々の鍛錬からそうやって出来るようになっていくものだからこそ、真剣に振る舞いというものを考えなくてはいけない。だから、続けるのだ。ただ、続けること。永遠の運動として、ただ呼吸し、心臓として、動かし、それは右手であり、左手のフォームであり、動きと形がそうやって訓練で、当たり前のようになっていく。それが当たり前になることが呼吸で、心臓で、今の私自身であり、そうやっていつの日も自分の無知を嘆きながらアップデートし続けることしかできないのだと思います。それが私です。それが私なのです。模倣犯。無問題。

 

f:id:mizokoji:20170808144810j:plain

今日は満月だそうだ。

 

嘆いていても、模倣していても、それでも演じる。

演じて生きればいいやない。