創作と探検の日記。

文、絵、歌、布など自給しています。

2017-11-11から1日間の記事一覧

20171111

触れていたもの 彼は確信の様なものを捉えていた。それが何かは分からなかったし、理由も明確ではなかった。というよりはもうすっかり忘れてしまっていたのだ。それにも関わらず、彼はその確信の様なものの存在のことを記憶していた。これは感触として体の中…