溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

小説のような日記です。児童文学みたいな人が書いてます。

ものがたり

20170624

友人 友人は笑顔を見せた。「元気そうで何よりだ」そう言って手を差し出し私たちは握手をし、ハグをした。「ぼくはね、」少しうつむいていたので表情をうまく読み取ることは出来なかった。「やっぱりこの変化についていくことが出来ないんだ。ぼくはどう考え…

20170623

あなた まずここに書きしるさなくてはなりません。それはあなたのことであります。そうです。あなたのことを私はずっとずっと存在していない物のように扱って来ました。それにはいくつか理由があるのだと思いますが、あなたがいたが故に私の人生は大変窮屈な…

20170622

カラスと鳩 ぼくがいる場所は大通りとは違い路地になっている。その通りでは「もうカラスにやられていたわ。」「あら、嫌だ。もうカラスが来たのね」「いや〜、参りましたよ。カラスにやられていました」「いましたいました。もうカラスがいましたよ」何人も…

20170621

男 「少し息苦しいなと思います。胸が苦しいというかうまく説明できませんが、そういうことなんです。とにかく息苦しい。胸が詰まるんです」男はそう言って、水を一口飲みこんだ。風で窓ガラスが揺れるたびに怯えるように体をすくめるのだった。「怖いんです…

20170620

フィールドワーク フィールドワークをしています。何も外に出ることだけがフィールドワークじゃない。書く場所を変える。このBlog、SNS、Evernote様々な場所に出かけて行き、言葉を生み出す。場所によって言葉は様々生まれてくる。動けないならそれでもいい…

20170619

洗濯物 落ち着けようとしています。頭頂部が閉じているような感覚があります。上から押し付けられているような感覚です。押し付けられていると言っているので、きっと誰かがそうしているのかもしれません。 洗濯物を干しました。洗濯機で回していたし、スム…

冷蔵庫の中と夢の中。

晩御飯と冷蔵庫 作った炊き込みご飯がうまし。塩、てんさい糖、醤油、酒、みりん。人参を細切りに。ピューラーがないので皮を包丁で剥く。前よりも成長。大根の時はよりうまく向ける。人参は細くて慣れない。しめじの根っこをきって、半分に切る。しめじは安…

書き物書いた。

その1 ストレッチする。脚を広げて左右交互に伸ばす。固まりが伸びていく。引っ張りあう。骨と骨の間で固まっていた肉が引っ張りあう。ちぎれそうでちぎれない。伸び続ける。私は肉のようで、そうではないような気がしてます。骨でもないように思います。名…

教育とか気とか。

教育 美術も、図工も、技術も、家庭科も全部嫌いだもん。周りの友達はとても綺麗で上手だし。先生はなぜかよく怒ってるんだ。威圧的で高圧的で怖かったし、なにより先生が楽しそうじゃないんだもん。だからスポーツの方が楽しかった。開放的だったし、外が好…

幸福も絶望も体を通りぬけていくこと。

ブームムーブ 揺れる洗濯機。家の中まで振動が伝わってくる。家が揺れている。力強い。地震なのかと勘違いするほどである。彼はいつの日も力強く、全力で回す。ドラム式。けーこからの授かりもの。ドラム式は力強いと知った。いつも上から蓋をあけるタイプだ…

軽やかに書けた朝。

依存一存ユニゾン 雨が降りそうだけど降らないらしい。曇りらしいけど晴れてきたらしい。洗濯物どうしようか悩んだけど干したらしい。なんでも曖昧。曖昧でいい。もう曖昧のままでいいじゃないか。天気予報は外れることだってありますし。天気予報を本気にす…

部屋の中でやっていることを外でやる。

気持ち 切ない。物悲しい気持ち。寂しい。ここにいます。わかって欲しい。理解されたい。愛されたい。気持ちが渦巻いている。撹乱している。胸を締め付ける。思考は働いている。休まない。止まることはない。かといって調子が悪いわけではない。しかし、気持…

言葉を生むためのフィールドワークをする。

生と死の繰り返し 人には大きな一つの流れがあり、その流れが終わるとこれまでは死に、また新しく大きな一つの流れがやってくる。新たな生命が誕生する。これはすごく短い視点で見ている。全体で見れば、大した流れではないのだが、短く見るとそれは大変な流…

舞い込んでくる問いがあること。

歩く 山と森を7時間半かけて歩いた。雨が降る中歩く森には少し霧が覆っていた。足元が泥濘んでいる場所もあった。リスがいた。鶯が鳴いた。リスが枝を落とした。カラスが舞っていた。カラスが1枚羽を落としていた。拾った。雨はすっかり止んで、木漏れ日が差…

題名。

目覚め 眠ったこともあったかもしれないです。よく眠っていました。起きると爽快な気分があったことを知っています。そういう時もあります。いろんな時があります。一つということはありません。毎日が微妙にズレて生きます。ズレることが正しい位置から移動…

調子を整える意味でも書いています。

睡眠 胸から喉元にかけて言葉にならない感覚のようなものがある。最近、寝ていても思考がずっと働いているような感じで、そのためか目覚めがあまり良くない。起きた途端に頭が行動を始めてしまうのでついていけなくて、苦しくなるのだ。昼寝していたら「夢の…

深さと重さ、広がりと軽さを行ったり来たり。

本音な無いことにしないでね どうやら強い言葉を持った人はすっかりどこか遊びに行ってしまったようで、そうなってくると「ここに何書けばいいかわからないのですけど、とりあえず座ってみてます〜」と、ものすっごくかるーい男がいまパソコンに向かって文字…

空間と空間で人付き合い。

空間のこと 僕はやはり空間に興味がある。それは建物とか建築とはまた違うもの。ひとつの空間をどう彩るかとかそういうことともちょっと違う。僕が言っている空間は夢想空間。空想空間。思考空間。瞬間空間の連続。そんな空間である。現実とは別に持つことの…

散歩でもしてお花をつんでみようかしら。

何もない 「何もない。人混みの中を歩く私は何もなかった。駅を歩く私には何もなかった。少し気をぬくといつも通りに戻ってしまう。私はなかったの。」通話越しの声はそう言っていた。何もなかったと言っていた。人混みと高層ビルに囲まれたその街には何もな…

忘れるなと、そのことを書いてる。

憎悪 朝起きてここに書いたのだが、一度Evernoteに移し改めて書いている。朝、調子が悪くて、それでも書いていた。昨日から腹痛でお腹を下していたこともあるかもしれない。そのことからひとつの記憶が蘇り、その記憶に対して僕は怒っていた。そこから関連性…

なんとか主義の先にある見えないものを言葉にすること。

1日のこと 正確な起床時間は分からなかった。詩が浮かび、そのままノートに書いた。ギターを手に取り1曲できた。「海にいる」という曲。10時ごろ起床とEvernoteに書き記す。書き始める。書き終えた頃、みーさんが洗濯物を干していたので手伝った。その後、作…

1日を思い返して予定を改めること。

1日の流れ Evernoteを開き書き始めた。Evernoteを今更ながら使い始めた。「9時ごろ起床」まずは、起きた時間から書く。結局このブログにも書いて、ちょっと横になる。2時間くらいで書いた。どうも、頭が働いてしまい、休まらないので図書館に行く。図書館に…

ここに書かれているのは願いであり、叫びである。

出力 人には出力のようなものがあり、扱う物によってその出力方法は変わってくる。ここで書くことも、人に見られぬ場所で書くことも、物語を書こうとすることも、全て出力が違うのだ。うまく文字が出てこないこともあるけれど、それでも書き続けたら良いのだ…

大きな人の子供もみんなの子供であること。

夢自体であること 見ている夢は自らが作り出している創造物である。決して一方的に流されている物ではなく、自らの思考が生み出す創造物である。そこには自由がある。だからこそ、信じたくないような事実が隠されている。見たくないと思っているものや、欲望…

創造行為は排泄行為。

排泄と死を見つめること 「独りでありなさい。アーティストは群れをなしません。軍隊の弱点は人々が群れをなしていることなんです。その点アーティストは孤独です。しかし、独りであるから強いのです。世界各国にアーティストは点在しています。オーストリア…

しまい込んでいたことはそのままにしておくことは出来ないこと。

内側にあった情熱 ぼくが安全なことしか言わなくなってしまったのはなぜですか。今覚えていることがあります。ぼくは野球をやっていました。だから野球が上手くなりたいと思うことは当たり前でした。普通だと思っていました。そのために練習するのだから、周…

日記らしい文章になった気がする

0円で出来ることはリアルでどんどんやってみること 胸のあたりにあった重たさは今はすっかりなくなり身体の中を通り抜けているような状態です。少し喉のあたりに違和感があり、これは歌ったりすることで調子を見ることが出来る。けれど、この3日間くらい頭の…

回想候。

回想 作文の時間が好きだったんです。そりゃ最初はえーって思いますよ。書くの面倒だなとか。ただ、書いている内に文字の世界に入っていけたんです。夢中になったことを覚えているんです。溢れるように文字が紙の上に現れていくことを覚えています。その時間…

叫びと囁きはどちらも内にあること

対話と多様性 対話とは何か。ただ、向かい合って話せばいいってことではない。慰め合えばいいものではない。生物の声を代弁する。大地の声を代弁する。風の声を代弁する。そのために音がある、声がある。そして、人がどうしたら健康でより良い地球に向かって…

このメッセージをどうぞ受け取ってください

映写機 目を瞑った。瞼を閉じ、眼球の裏にある映写機をそっと動かし始めた。長いフィルムが巻かれている。どうやら長編映画のようだ。僕は、その場で体育座りをし鑑賞を始めた。僕の眼球の裏にある映写機はいつも自動で動き続ける。そこでは昼夜問わず10歳く…

多層な社会を行き来して言語を作ること。

現実と空想と時間と空間の拡張 これは連載なんです。雑誌の連載と何ら変わりありません。毎日発行される新聞です。新聞よりは生々しい純度の高い言葉です。「みぞこ新聞」なんです。毎日僕のコラムがここでは発信されます。ここでは大体2,000文字程度書きま…

空洞になり、声を集め、自分で自分に仕事を依頼すること。

言語が死にゆくこと もう、すっかり疲れてしまいました。どこを見渡しても、言葉が溢れています。それは死語のような気がしてなりません。自らが死んでしまった人の言葉です。固定化された言葉。集団の言葉。そこには、個から生まれている言葉はありません。…

曲線にある美しさのこと。

百水との出会いについて 「私の名は百水だ。」彼は私にそう名乗った。「名は水に由来する。私が水であることを示す。すなわちそれは皮膚であるということだ。私たちは皮膚なのだ。触れ、感じている。どうだろうか。我々は服を着ている。人ではない。建築がだ…

江ノ島をめぐり帰り道スーパーに行ったこと。

残り香が知らせること そこには人がいた。残り香を置いていったのは、あなたの愛する人だ。あなたの大好きな香りだ。香りが私を安心させる。それはあなたの香りだからだ。私の愛する人の香りだからだ。置いてあった忘れ物は時間とともにそっと消えていく。そ…

我らはノーパン族であること。

抑圧はパンツが生んでいること ノーパン族。我らはノーパン族だ。ノーパン族は開放的。締め付けから解放された民族である。ノーパン族は争いを嫌う。内なる争いから解放されるのだ。ノーパン族は締め付けない。しかし、見た目は何一つ変わらない。見た目では…

落ち込み始めると普通という名の幸せを求めること。

違和感を感じたらすぐ1つ前に戻ること 「刺繍はね、一繍いしてなんか違うなって思ったらすぐに一つ前に戻るの。そのまま続けてしまうと結局嫌な気持ちが続いてしまって、全部最初からやり直したくなる。そうすると解いていくのが大変なんだ」と、布団の中に…

誰にも意志を奪うことは出来ないこと。

縛られていても刻みつけること 「私は長い文章が嫌いなんです。手短に、分かりやすくお願いします。」女は牢屋に閉じ込めていた男に対して、無愛想に言い放った。 「うるさい。黙れ。お前に何が分かる。お前に評価されたくない。お前のために書いていない。…

本当に困った人のために、僕は公共でありたいと思った。

朝起きて調子を確認すること 脚全体が布団の中でモゾモゾとしている。少し気だるい感じもする。仰向けに寝っ転がったまま、右足を抱え込むようにして、股関節辺りを伸ばしてほぐす。次に、左膝に右足を引っ掛けて、臀部の辺りも伸ばすように。ちょっと揺らし…

大抵が人づてだから見たいのはあなた自身てこと。

いつまでも治らないこと 僕は、池袋の東口にある居酒屋で珍しくお酒を飲んでいた。煙草の煙や声がフロア一帯に充満している。僕の頭上で声の不協和音が鳴り響き、煙は行き場を失って漂ってる。どちらも迷子になっているようで、可哀想にも思えた。それで居酒…

色んな子供たちと時間持ちになって友達になること。

弾き語りしてて初めてのお客さんが来たこと。 いつものように海に行ってギターを弾いていた。今日は少し早めの時間に到着した。最近は日が伸びて来たので18時ごろでも辺りは明るい。ちらほら人がいる。そう思いながらちょっと歌い始めた。最近は七尾旅人のMe…

届く人には届いていることと感想を伝えてくれること。

湖には静寂が存在してたこと 「湖の先には静けさがあることを知っているかい?俺は知っている。それは確かに存在していたんだ。波一つ立たない。揺れることもない。そこには静寂がある。静寂が存在していることを知っているかい?きっとそんなものあるわけな…

空想的ほど現実的。妄想的ほど現実的。

フルグラの食感と風の行方 朝起きると大抵フルグラを食べている。ヨーグルトを乗せて、混ぜて。少しやんわりとさせる。けれども噛むとカリッと少しの噛みごこちが残っている。それくらいの柔らかさが好きだ。ゴリゴリと音がする感じが好きだ。それは体に響い…

自制することで自由は生まれること。

声が増幅すること 「いらっしゃいませ!」静かだったはずの店内に声が響き渡った。するとどうだろう。突然、声の波が押し寄せてきたんだ。正直驚いたよ。僕は読書していたいし、集中していた。そこに出てきた人の名前を調べていた。あっ、このことも話したい…

人目に触れる興奮から言葉が生まれること。

徘徊した先にある歪んだ世界 もう何度この道を歩いただろうか。ちょっとご飯でも食べに出かけようかと思ったのだが、すっかり分からなくなってしまった。私は決断力が鈍っていた。家を出てから2時間経った。私は鎌倉の街を訳も分からず彷徨っていた。徘徊し…

小説だし、日記だし書けばいい。

二人の思考と会話 意欲的ではない。もともと意欲なんてものは存在しない。ただの妄想なのだ。妄想して気分が高揚し、疲れて果ててしまう。高揚している間はいいのだろう。これから何でも出来ると思う。何だってやれるのだ。毎日行動を繰り返す。ただひたすら…

それでも書く運動をすること。

落ち込み始めた気分 2日前の夜に海に行ってからというもの、気分が落ち込み始めてしまった。あまり動くことが出来ない。この時間になってようやくすこし体を起こした。僕はここで書くのと別でメモ帳を開いている。そこにも同時並行で書いているのだが、今日…

青く光る海と店員になりすましたこと。

鎌倉の海が青く光ること 19時過ぎにみーさんのお姉さんからメールが届いた。「鎌倉の海で赤潮が出てるんだって。夜光るかもしれないよ」みたいな内容だったらしい。溝井家にはテレビがない。なのでこうやって人伝いで情報を聞くことがほとんどだ。ぼくとみー…

スタバの様子と死後について。

スタバの様子がイメージと違ったこと 今日はいつもと様子が違う。書いているは書いているんだけど、全くもって違う。うーんと違う。雲泥の差がある。でも、どっちが良いとか悪いとかじゃない。そう、今は書いてる場所が違う。いつもは部屋の中で書いてるのだ…

言葉を手繰り寄せるために書くこと。

鼻歌も好きだってこと 夜の10時。辺りはすっかり暗くなり、静かな時間が流れている。時折車の通る音や足音が聞こえてくる。鎌倉には夜がある。僕は深い夜と呼んでいる。これは東京に住んでいた時には感じられなかったことだ。夜はいつまでもいつまでも明るか…

眺めて、声かけて、言葉を生むこと。

体を眺めてみる 目が覚めると、思っていたよりも早い時間で驚く。そのまま布団の上に座り込み、しばらくボーッと考え込む。体の調子に目を向ける。胸のつかえ感や、苦しさみたいなものは今はあまり感じられず通りがよかった。喉元から口先にかけて力が入って…