溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

詩的な日記小説です。児童文学みたいな人が書いてます。

飾らない姿で

いきものは 着飾ることなく

そのままの姿で 堂々と生きている。

その色や形はとても鮮やかで

そうやって 表現すれば良いのだと

教えてくれていました。

 

f:id:mizokoji:20160920202429j:image

 

f:id:mizokoji:20160920202344j:image

 

f:id:mizokoji:20160920202628j:image

 

f:id:mizokoji:20160920202854j:image