溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

小説のような日記です。児童文学みたいな人が書いてます。

こっちくるとき持ってきたんだからね、変わらないからね。

また変わろうとしたね。

何度も言ってるけど、変わらないからね。

生まれつきの性質なんだから変わろうとしてもしょうがないよ。

 

好きなものも嫌いなものもあって当然だからね。

 

いつまでたってもネギ抜きだし、わさび抜きだっていいんだからね。

 

あなたは変わらない。

持って生まれてきたからだ。

変えることはできない。

乗りこなすこと。

何度も何度も立ち上がり続けること。

 

自分で選んで生まれてきています。

なにを嘆いているのでしょうか。

うまくいかない、なじめない、生きづらい。

 

自分で選んで生まれてきているのだから、すべてそれで良いのだと思います。

 

敵も味方もあるのでしょう。

時に争うかもしれません。

暴力はやめましょう。

殺人や殺戮もね。

それと、肉体的にもだけど、精神的にもね。

 

精神を殺しながら生かすのは最低だよ。

 

それ、生きてないからね。

死んでるからね。

分かってるのにやっちゃダメだよ。

ぼくはそれを一番許さないからね。

 

 

 

f:id:mizokoji:20161127011700j:image

むげんでした。

わくはじぶんでつくってました。