溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

詩的な日記小説です。児童文学みたいな人が書いてます。

面食らったことと僕たちが家族であること。

念願叶ったラーメンで面食らったこと

 お昼過ぎに「太陽食べたくない?」とみーさんに聞いてみる。みーさんはすぐに同意をしてくれた。「太陽」っていうのは「太陽堂」っていう鎌倉にあるラーメン屋さんのこと。先週の日曜日、同じように「太陽食べたい!」ってことになって稲村ヶ崎から江ノ電に乗って太陽堂に向かったんだ。到着したのは15時半。その時はスープ切れであえなく断念したんだ。前にもそのことは書いたんだけど、兎にも角にも僕はその店主の振る舞いが大好きなんだ。もちろんそのラーメンもね。 

kojimizoi.hatenablog.jp

  それで僕たちは念願叶って太陽のラーメンを久々にすすることが出来た。みーさんは「このラーメンがなくなっていくと少し寂しいね」と言う。そんなことも考えずにひたすら、麺を汁に絡めてすすり「うめぇ、うめぇ」と唸っていた僕は、ちょっと面食らったんだけどね。そう"麺食らってた"だけに。(はい。今日はこんな感じのことが続く。楽しめる人はぜひ続けて読んでもらいたい)そして、待ちに待ったラーメンを食べ終えて店主と少しばかりお話をした。スープ切れの日に僕とみーさんに起こっていたこととかね。店主は笑ってくれて「またきてね」とにこやかに僕たちを送り出してくれた。

 

訪れた出会いで面食らったこと

 その後、みーさんの要望で鎌倉スワニーに向かったんだ。鎌倉にある洋裁屋さん。主に生地を取り扱っていて、服作りをしている若い学生から自作の服をまとう鎌倉マダムまで幅広く賑わっている。そんな中で素敵なショールを肩にかけている奥様が目に止まった。みんなもこう言う時ってあるよね?何か目に止まること。「あっ、いいな」って思う瞬間さ。それは一瞬のことだからあまり察知されないこともあるけれど、ぼくは「あっ、いいな」っていう瞬間をすごく大切にしている。薄い紺色の糸で織られたショールの端には、たくさんの藍で染められた古布が編み込んであるんだ。そしてよくよく顔をのぞいてみると見覚えのある顔だったんだ。僕は「多分…」と思ってみーさんに伝えた。するとみーさんも同じように見覚えのある人だと思っていたらしく、タイミングを見計らって声をかけたんだ。すると素敵ショール奥様は僕たちを見てにこやかに「あら、こんなところで!」って驚いて喜んでくれた。どうやら鎌倉で開催されているお友達の展示に来ていたようだ。北鎌倉で綿を育てている人たちがいるんだって。そこで買った綿を紡ぐための道具のスピンドルや茶色い綿なんかも見せてくれた。そして、初めてあう友人の方に僕たちをこう紹介してくれたんだ。「おふたりとも芸術家なのよ!」ってね。そう、この素敵ショール奥様は僕が一時期通っていた、手織りの工房の会員さんで、みーさんが開催した個展にも来てくれたんだ。その時のみーさんの絵や立体の作品、僕も展示させてもらった10mほどの織り布のことも覚えてくれていた、「とても感性豊かなのよ!」なんてこともお隣にいた友人に伝えてくれていたんだ。お隣のご友人は今日あった展示のことを懸命に僕たちに伝えてくれていたんだけど。そんな突然に訪れた出会いで思いがけず嬉しい言葉をかけてもらい、ぼくは再び面食らったんだ。素敵ショール奥様が綿見に来てただけに。 

 

駅のホームで面食らったこと

 面食らってばっかりの日。いつも出会いは突然。毎日多くの人とすれ違う間にも出会いのチャンスは眠っているんだから。そういうことってあるじゃないか。すれ違いざまなんだか気になるぞってね。そして声をかけてみること。僕はみーさんからそんなことを学ぶ。みーさんは気になったらとにかく声をかけるんだ。そして、その数分が終わりそこであった出会いについて振り返る。一期一会の出会いについてね。そこであった些細な一言が人を嬉しくしたり、喜ばせることが大いにあるってこと。昨日は本当にやる気になって、そのままやらずに長引いていたみーさんの創作のためのテーブルを買いにいったんだから。いつもなら電車に乗ることすら僕は拒んでしまうんだけどね。心底人の力になりたいって思った時、人は自分の損得勘定なんてどうだってよくなるんだ。だってそうだろう?電車に乗りたくないとか、人混みが嫌だとかそんなの大した問題じゃない。目の前の人が動き出したら、とことん力になるってことさ。家族ってそうだろう。僕はそんな家族がたくさんいると思っている。実際に暮らしたりはしない。共に生活をすることもない。だけどね、深いところでは糸のような水路のようなものが僕たちの世界には張り巡らされている。屋根なんてなくたって生活している。日の光を共に浴びている。月光浴だってする。星だって眺める。それは目には見えないけれど、しっかりと存在を確認することが出来る。深いところでは皆が家族なんだと思っている。一夫多妻制とかそんな古臭いことじゃなくて、男も女も関係ないんだ。みーさんは僕と結婚する前に「俺たちに性はねぇ」って言ってくれた。これは僕が男らしくあれないということをぐちぐち悩んでいた時の言葉。そう「俺たちに性はねぇ」んだ。男女とか古臭いことやめて、人同士で家族になろうってことさ。そうしたらさ、もうその人の輝かしく見えることにしか目がいかなくなる。僕はそう。いつだって人の輝かしいことにしか目がいかない。そんなのないって言う人は嘘つけって思う。嘘ついちゃいけないんだ。それは自覚しないといけない。嘘をついている限り発光することはない。光が現ることはないんだ。すなわち発行もしない。貨幣が現ることはないってことさ。そうやって「はいよー!はいよー!」って言いながら駅のホームケンケンみたいにしながら歩いてたら5円玉拾って、僕は結局面食らったんだけどね。

 

 

https://www.instagram.com/p/BTbTb8eBCqe/

アイスカフェラテとわたし。

わたしという点の周りに星が溢れている。

 

僕たちは家族だ。

共に暮らすことのない、無意識の家族だ。