溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

小説のような日記です。児童文学みたいな人が書いてます。

本当に困った人のために、僕は公共でありたいと思った。

朝起きて調子を確認すること

 脚全体が布団の中でモゾモゾとしている。少し気だるい感じもする。仰向けに寝っ転がったまま、右足を抱え込むようにして、股関節辺りを伸ばしてほぐす。次に、左膝に右足を引っ掛けて、臀部の辺りも伸ばすように。ちょっと揺らしてほぐしながら。左も同様に。体を起こして、大腿四頭筋を伸ばす。ハムストリングと呼ばれているやつだろうか。足裏同士をくっつけて、股関節のストレッチ。腰の辺りにまで刺激が伸びてくる。少し体を揺する。足を揺らす。止まらない。振動する。精神的な調子は悪くないように思う。10点満点中7、8点くらいだろうか。体は疲れぎみでも、気持ちで持ち上げることが出来る。意欲が出てくる。起きてから活発に行動をすることが出来る。5時半起き。30分のストレッチ。車のブレーキがかからず、進んでしまう夢。よくみる夢だ。これはうまく自分を制御出来なくなってしまう夢らしい。今は気持ちが溢れてくる。意欲が溢れてくる。気づいたら肩回し。体をほぐす。

 

他人を責め、結果自分から逃げていること

 仕事を休職して、2ヶ月ほどが経った。離れて分かることがある。僕は理想が高い。「人の面倒を見ているフリをして自分から目を背ける人ばかりだ。仕事を忙しくする事で自分から逃げようとする人ばかりだ。誰もその考えから抜け出そうとしない。そんなんで世の中が、社会が良くならない」と言っていた。そうしてそこにいる他人を責め、理想を押し付けた。自分の考えを理解されたかった。しかし、結局は自分がそこから"抜け落ちて"しまうことが怖かったのだ。何食わぬ顔で労働することが出来ないと言いながら。湧いてくることしか、主体的に生み出そうとすることしか続けられないと言いながら。そう言いながら、ここを辞めてしまったら、僕はもうどこにも属して働くことが出来ないだろうと不安だったのだ。だって、そこには僕のことを理解しようと気にかけてくれる人が沢山いたから。だから、どんなに体調が悪くても休まなかったし、波もないように振舞おうと努力した。離れたくなかったのだ。

 それだから僕は「他人のことどうだっていいから、自分を見つめろよ」と他人に言いながら、自分を見つめる時間を作ることが出来なかった。仕事をしていない自分や定期的な収入が入ってこないことを恐れていた。そして、独りになることを恐れていた。独りなった時、社会との接点をどう作れば良いのか分からず怖かったのだ。

 いま、よく行くラーメン屋の店主は僕自身を見て話をしてくれた。「来てくれて嬉しいよ」と言ってくれる。海でギターを弾いて歌えば人が集まってくることを知った。「また来週も一緒にやろう」と言ってくれる。そして何よりも、みーさんは「働く以前に僕が元気であることが一番。」だと言ってくれる。そしてお前の考えは素晴らしい、正常だとも。

 

自分自身を生かし切って還って行くこと

 思い返せば中高くらいのときからひどく落ち込みやすかった。その後もそれは続いた。だけど落ち込んでいるだけでなく自信に溢れて、行動的な時もある。大学に行っても起業するとか言って半年で辞めた。借金作ってまで海外に行ったり、セミナーに出たり、コンサルを受けたりした。とにかく会いたい人に会いに行った。僕は興奮し始めると、先のことやお金の不安なんてまったくなくなる。今のこのアイディアが考えが素晴らしいものだと思う。人にとにかく会いに行く。そうして、しばらくすると不安に駆られる。そもそも、不安はなくなっていないからだ。なんでこんなことしたんだと後悔し始める。一気に行動して、突然停止する。突然、会社に行かなくなることが何回もあった。そんなことを何年も繰り返していた。そして、2年ほど前に双極性障がいと診断された。なんで、こんなにポンコツな体で生まれて来たのだろうと思ったが、今は乗りこなせるようになってきたし、まあいいかと思っている。調子のいい時はどんどん集中して取り組めるわけだし、決してポンコツとも言い切れない。今では双極性障がいというのは後付けだとすら思う。いまだにそうじゃないと思っている。ただ、鬱のような症状が出ると辛い。不安に駆られ、お金がなくて貧しいと思い、生きていくことが困難であると自信を失ってしまう。希死念慮に襲われる。いろんなんことが複雑に絡み合ってそうなっていると思う。だから、その都度、細かく見ていかなくてはいけない。その反応に対して。それは幼少期から繋がっているもので、もしかしたらそのもっと前の、生まれてくる以前の記憶とも関わっていると思う。だから、僕は僕自身のことを見て見ぬ振りが出来ないのだ。放っておくことは出来ない。幼少期の僕が困っているのだから。叫んでいるのだから。

 あなたは繊細な人だと言われる。人の表情を、声を、内面を感じ、共感性がある。そういうのが、HSPという性質なんだと知った。感受性が豊かなのだ。人よりも多くのことに気づく。人が見ないようにしていることも。だから自分が見ないようにしていることもあると知りながら放置することが出来ない。知ってしまったら、放って置けないのだ。無視出来ないのだ。僕は自分を活かして生きたい。生き切りたいのだ。使い切りたい。とことん使い切ろうと思っている。乗りこなそうと思っている。それが使命だ。この体で生まれて来た意味なのだ。最後は自然の元に還るのだから。土になり、水になる。そして木になり、森になる。海に、湖になる。元に還るのだ。この体は元に還る。その体を生かし切らずに、還っていくなんてもったいないと思うのだ。

 

 

f:id:mizokoji:20170516082023j:plain

 僕は公共でありたいと思った。

もう限界だって思ったとき、辛くてたまらないって思ったとき、もう終わりにしようと思ったとき、本当に困った時に僕を自由に使ってくれればいいと思った。

 

あなたの子供と一緒にいることができる。

 

気の向くままに散歩することができる。

疲れたら、お茶でもしながら語らうことができる。

日が暮れて来たら海に行ってギターを弾いて一緒に歌うことができる。

 

 

そして何よりあなたの使命を知っている。

教えて欲しい。

僕は無知だから。

 

あなたの芸術に音楽に興味がある。

何かあったら連絡してね。

 

mizokoji@gmail.com

 

ばいび