溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

小説のような日記です。児童文学みたいな人が書いてます。

日記らしい文章になった気がする

0円で出来ることはリアルでどんどんやってみること

 胸のあたりにあった重たさは今はすっかりなくなり身体の中を通り抜けているような状態です。少し喉のあたりに違和感があり、これは歌ったりすることで調子を見ることが出来る。けれど、この3日間くらい頭の中でもわーんとした何かが存在している。そのせいか寝ても覚めても思考している状態が続く。なのでずっと夢を見ている。今日は、オーガニックマイムの先生のワークショップに参加していた。そこにはぼくのことを嫌っていた高校時代の先輩がひとり参加していた。こういう嫌だった人というのはいつも夢に出てくるものだ。そのせいか、当時の苦しさが蘇って来たりもするが、いまはどうってことない。夢の中に出ていた先輩はギターがとてもうまくてカッコいいとすら思った。それにアイディアも出てきて行動的になる。こんなものを書きたいとか。昨日はそれで新しいブログを作った。でも元々はビジネスブログみたいなものを作ろうかと思い立ったのだが、その意図とはすっかり変わってしまい、ぼくは物語のようなものを書き始めてしまった。そのため、一度書いた記事は消してしまった。そもそもビジネスブログみたいなものを作ろうと何度も思い浮かび、やってはみるが全て削除することを繰り返していた。続けられないのだ。なのでそれは昨日思い浮かんだ"連載"という形をとって、定期的に物語として書き続けようと思った。それで、やることは"ビジネスをすること"ではなく"自分の経済"を作ることなのだと思った。すなわち芸術作品ってこと。自ら作り価値を高めていく。それは意外とシンプル。そんなことを考えてみーさんと話していたら「ネットはよくやっているけど、やっぱりリアルなんじゃない?」みたいなことを言ってもらい、そりゃそうだと思えた。こういう時のみーさんの一言はぼくにとって良い指針になる。「0円で出来ることどんどんやってみなよ」って言われた。芸術活動をしていくのはお金がかかると思い込んでいるところがある。ギャラリーを借ることだってお金がかかったりする。だけど、無料で貸してくれるギャラリーやカフェもあったりする。現に、家の近くのドーナッツ屋さんでは無料で展示をさせてもらうことだって出来る。だから、ちょっとずつやって見ることも大切だと思った。こうやって書いていることもひとつだが、リアルで出来ることも。どうもネットで全てやってしまおうなんて思ったりするが、やっぱりリアルも大切なのだ。そのことに改めて気がついた。

 

つらつらと書いてみること

 個人事業主とかそういう働きかたが流行っているように見え、そりゃ焦ったりもする。ぼくは19歳の時に起業しようとして大学も辞めたのだから。やりたいことも分からずベンチャー企業に進んでみたが、そもそもの精神的な浮き沈みのおかげで少しお堅い世界で生きていくことは難しかった。会社のためとかそういう自己犠牲がまったくできなかった。自分が窮屈な状態になるとすぐに鬱になり、布団から動けなくなってしまうのだから。なのでそういう生き方から落っこちてしまったような状態だ。就職も出来ないし、どこかに属して長く働くことも出来ない。そういう働きかたや生き方を目指そうとしたがやっぱり出来なかった。これは努力とか忍耐力とかそういう精神論ではないのだと思った。高校時代からぼくの精神状態は少しおかしかったのだ。どこか塞ぎ込んでいたし、人とうまく関われなかった。それに精神的には常に落ち込んでいた。時折、前向きになるときもあったが。それにしては極端に自信がなかった。なので軟式野球から硬式野球に移った12歳くらいから自己啓発みたいなことをしていたと思う(笑)高校時代に出来た彼女は頭も良く、美人だった。なので、そんなへにゃへにゃなぼくの状態を見ると食ってっかかって来た。ぼくはどうにか対処しようと自己啓発本を読みその内容をあたかも自分の言葉のようにそのまま伝え、その場を耐え忍んだことだってある。「人ではなく自分に目を向けるんだ」みたいなこと言って。だけど、ぼくはカラオケに行った時だけは生き生きしていたように思う。自分らしく居ることが出来たのだ。なので、学生時代やっぱり歌うことで生き延びていたのだと思う。とにかくそんなことしている人生だったわけでもうすっかりどうしていいか分からなかったのだ。何がやりたいかも、どうしたいかも分からなかった。だけど、今はこうして書くことが出来る。これは0円だ。パソコン壊れたら、ノートに書けばいいと思っている。ブログに書いているのは、ぼくと深いところで通じ合う人と出会ったら面白いかもしれないと思っているし、誰かにシェアできればと思っている。絵だって絵具がなくなれば紙とペンでいい。ぼくははじめる基準が低い。しかし、理想の自分は高いのでそのギャップに苦しんだりもする。だって、いま28歳。芸術家として生きていくしかないなと思っているわけです。それでの稼ぎはいまだ0円。どうするのよって思う。それでもこうして書いているのはひとつの作品としてだと思う。双極性障がいと言われているぼくだからである。しかし、双極性障がいというのも割とおおざっぱな括りだと思っている。辿っていけばもっとその人の性質とかの話になる気もするが、ぼくの過去の行動遍歴を話すとどうやら双極性障がいらしい。どちらかというとHSPっていう性質なのだと思っているけれど。あとは分裂気味。お告げみたいなの聞こえる。そんなんで今となっては長期的に働いたりすることが難しい。なので作るしかないと思っている。

 

 

f:id:mizokoji:20170527104031j:plain

0円で出来ることはどんどんやればいい。

自由に書ける場はありがたいものだと思った。

 

元々日記のつもりで使っているわけですが、やっぱりなんでも書ける場を持つのは大事だ。

 

なんでもそうなのかもしれない。

リアルだから自由じゃないっていうのはおかしい。

なんでも言える場っていうのが必要なんだ。

 

安心感のなさすぎる社会って嫌ね。

でも、言ってみないといけないよ。

それは本人次第。

伝えてみないと分からない。

 

けれど、肌で感じることも大切に。