創作と探検の日記。

文、絵、歌、布など自給しています。

20170823

掃除

 部屋の掃除スタート。掃除機で吸い上げ、乾拭きを繰り返す。エタノールを撒き、歯ブラシで軽くこする。畳が痛まないように。畳の隙間から出てきたものを再び掃除機で吸い上げる。そして乾拭き。最後にエタノールを撒いて乾拭きで仕上げる。実家に帰っている間に窓を締め切りにしていたので、若干のカビが発生していた。家に住むのは管理することも大変である。空き家だらけの日本は果たして大丈夫なのかと心配になる。それなのに新しい建物は立ち続ける。人口は減っている。それなのに建物ばかりが増えて、その家も廃れて行く。人が住まないと家も育たないのだと実感する。だから、共にしている間は家も共に生きているという感覚なのだろう。

 僕が住んでいる家は高齢のおばあさんが住んでいたらしい。とはいえとても元気で、バリバリの商売人だったらしい。25年ほど住んでいたそうだ。高齢になったことでお子さんが一人で住んでいたことを心配され、一緒に住むためにこの家を出たそうだ。僕はそうやって歴史のある部屋に住んでいることが嬉しいとすら感じる。なによりも部屋を大切に使っていたのだろうと感じられる。そういう時間がこの部屋には存在していて、それを今、引き継ぎ共に住んでいると思うのだ。僕は個人なんてものは存在しないと思う。ただ名称が個人なだけで、その背景には多くの人が関わっている。話が進んできた僕の展示もそうだ。溝井孝司展という名目ではあるが、これ自体は僕を取りまく人たちと行われる展示であるし、溝井企画の展示でもあるのだ。そんなことをみーさんと話していた。だから、そこに関わる人が個性を発揮していないの僕にとってはなんの意味もないのだ。展示することよりもそこに関わる溝井企画の人たちがどう関わってくれるかのが重要なのだ。そこが僕の喜びでもあるからだ。

 

味噌汁

 朝晩共に味噌汁を飲む。朝は昨日のあまり、夜は新たに作る。大根、しめじ、油揚げ。焼きそば付きで。うんちの調子が良くない感じがするので要検討。最初の出は良いのだが、しばらくするとねちっこい感じで、気持ち良いとは言えない感覚が身体中に広がる。フルグラにヨーグルトをかけて食べたりしている。味噌汁を飲むことも意識してみた。漢方も相変わらず飲んでいる。ちょっと様子見。うんちの出が悪いと体が重たい感じがする。最近はランニングもやっていなかったので、走ることであったり、運動をして調子を整えてみたいと思う。下半身の重要性を感じている。今日はレバーを食べたいのでもやしと炒めて食べようなんて思っている。ごぼうが余っているので、鶏そぼろと混ぜご飯にして食べても良いかもなんて考えている。最近ご飯を作るその時間がなかなか良いのだ。

 

ギター

 みーさんがギターを始めている。もともと練習していたことはあったようだが、本格的にはやらなかったらしい。コードもすぐに覚えるし、数日間やっただけでもう曲が弾けている。SUPER BUTTER DOGサヨナラCOLORスピッツのハネモノなんかはもう弾けてしまっている。みーさんは何でもやりたくなったらすぐにやる。やってすぐこなすし、出来てしまう。時にはリコーダーを吹いたり、フルートも吹く。曲も作る。僕が曲作りできるようになったのはみーさんの自由奔放に作詞作曲するその姿に影響を受けてである。それに気づけば自分で足りないものを作ってしまう。玄関マットがないと言って、布を裂き、裂き編みをする。そこに刺繍を施し特別な玄関マットが出来上がる。そこにはみーさんの世界が広がっており、誰にも侵すことのできない特別な空間がある。僕はみーさんの絵を初めてみた時そういう感覚を覚えた。この人は、まったく独自の現実とは違う空間を巧みに作り上げることができる人。その空間に人を招くことが出来るように表出させているのだと思った。僕は当時それをどうやって作り出せばいいかわからずにいたが、みーさんとの関わりの中で僕は学習し、吸収し、言葉にしている。僕の最も重要な人物は家の中で最も自由に振る舞い続けている。家の中で起こる。僕の世界は家の中で起こっている、その中心が妻であるみーさんなのだ。みーさんというのはすごい人で、面白い。一体どうしたら、前向きにここまで物事を捉え、ここまで創造的に人生を過ごすことが出来るのだろうか。それが何よりもの僕の研究対象。

 

展示

 ありがたいことに展示の話は進み、日程も決まった。しかもギターの弾き語りやイベントみたいなことも是非やってくださいとのこと。思っている以上にたくさんのことが出来そうであるのと、10月ごろに何かイベントのようなことをしたいと思っていたので、本当になるように出来ているというか、僕は決めたことは確実に舞い込んでくるので、あまり心配していないし、すべてうまくいくのだろうとそんなことを思っている。だから毎日を継続させ、訪れるその時に良いパフォーマンスが出来るよう鍛えているのかもしれない。今回はアットホームLiveをする予定。家の中の空間をそのままに出張させる。僕が作るのは結局、空間なのである。

 

飽き性

 僕は飽き性なのだと思う。ずっと同じことが続けられない。数分単位でも気分が入れ変わる。そういうことを責めても仕方がないことなのだ。気分が入れ替わりながら赴くままにやる。そういう姿勢が重要であるように思う。その時間の中で思考が駆け巡り、入り込んでくる。その状況をそのままに続ければ良いのだとも思う。我慢してというのが一番良くないのだ。気が向かなくなったら手を止める。違うことをする。ギターを弾く。今はこの時間だと決めつけない。それでも決めておく。そういう、曖昧な中を揺れながら生きる。決めているが決めない。何よりも生み出されているか。大量に生み出す。大量に行動する。単純にやり続けるのだ。これが死ぬまで続くならそれで構わない。むしろ幸福であるのかもしれない。創造の奴隷になり、ただ永遠に身を捧げ続けるのだ。僕の周りにはすごい人が沢山いる。僕が出来ないことを集中して夢中になれる人がいるのだ。こうやって才能を活かし、生きればいいじゃないかと思っている。そういうことをしたいのだ。嫌なことはしない。やりたいことを永遠にやり続ける。やってない人に否定されても話半分。聞かない。やっている人の話は聞く。どうすればそうやって築いていけるのか真剣に考える。僕はそういう家族を築きたい。家族のような関係を広げていきたい。水面下の家族。深いところで手を取り合う家族。そういう世界を深い場所で、水面下で広げるのだ。

 

f:id:mizokoji:20170823104249j:plain

僕は溝井企画という側面を持っている。

会社のようなもの。

 

まずは溝井家から。