溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

詩的な日記小説です。児童文学みたいな人が書いてます。

20171019

 また雨が続くらしい。同時に寒さも再来。みーさんの手がすっかり冷え切っていて少し心配になる。冷え性は治ったと言っていたが、やはり寒くなると体は冷えてくるようだ。晩御飯は温かいものにしようなんて、もう晩御飯のことを考え始める。多分、鍋か何かになる気がする。寒い日は温かいもの、温めた野菜をしっかりと取るのがいいらしい。最近、スナック菓子やインスタント食品を取ることがほぼなくなった。前までは食べたいとすら思ってしまっていたのだが、最近は自分でご飯を作る機会も増えたからかもしない。そういうことがまた精神的にも安定させるのではないかと考えたりする。また書くこともその効果を持っている。今この瞬間も、全く別の場所で書いている時も精神を安定させているような気配がある。多分そうなのだ。治療となっているのかもしれない、不安や絶望。それに怒りや興奮。どちらに行きすぎることもなく、ただ機械のように文字を生み出し続けることにその効果があるように思えている。つまらない文章でなんら構わないのであり、これは医術である。これこそが治癒。自己治癒。自己診察。すべて自分で生み出すことが出来た。とにかく手を動かすことでそういう状態を作り出すことが出来た。そこには環境というものも関係しているのだろうか。最近は家の中であまり書かない。以前はほとんど家の中で書いていたが、最近は外に出て書くようにしている。図書館やカフェを利用する。そうすると家は絵を描く場所になる。外で書き、家で描くことでちょっとした切り替えが出来ているのかもしれない。部屋の中が寒いこともあるのでじっと書いていることがきつかったりする。また最近また文字に触れたいという欲求が生まれている。図書館でドゥルーズガタリの本を何冊か借りる。難解であるが重要なことが書かれているような気配を感じている。私は学者ではないのかもしれないがそういう文に触れたいと考えるのだ。もっと集中できるのだと考えている。もっと自分を深めることが出来るのだと考えている。最初は少しの抵抗があるのだろうが、それでもただ向き合い続ければ良いのだと思えるのだ。本を読むことは出会いなのかもしれない。死んだ人と出会える素晴らしい装置だ。その瞬間が本には刻まれる。そしてまた変わり続ける。何もかもが変わり続ける。同じことなどないのだ。だから私はいま外にいる。これまでだったら内にいたのだろう。そうやって変わっていけばよいのだ。私は私自身の変化についていくのがやっとなのかもしれない。それで十分であるとも思える。家の中は絵を描くスペースと化している。これもきっと変化なのだろう。その時の状態を反映すればよかった。何よりも救いであるのがみーさんという美術家がいつも近くにいることなのかもしれない。みーさんはいつの日も何かしらを自ら作り続ける。あり合わせのもでなんでも作る。そのチャーハンが一番美味しいことは共通の事実であり、それがみーさんの才能なのだと思える。新しいものを購入するのではなくあるもので素晴らしいものを生み出し続けるのだ。日々出産が繰り返されているのかもしれない。その度に喜びをあらわにし自分自身を天才であると認識しているようだ。その自尊心の育み方が私にとっては大変重要な役割を果たしているように思えた。自分自身の才能に溺れることも過信することもなく、ただ自分は素晴らしい、天才であると素直に認識できるみーさんの才能こそ私を救っているのかもしれない。それにみーさんから作られたもので私自身の足りないもの、身の回りのものが備えられていく。そうやって必要最低限のものを活かしながら、何よりも豊かになっているのは私自身なのかもしれない。私は何か実質的なものを生み出すことをせず、ただ文章を書き、絵を描き、曲を作り歌っている。それが私にっての医術なのかもしれなかった。私は精神医療を志しているのかもしれない。自尊心とは、自信とは、生きるとは。そういう問いが私の中に常に生まれ続けていて、ことあるごとに自信を失い、落ち込み続けていたからこそ、どうすればそれでも歩み続けることが出来るのかと模索していたのだ。結局はどんな状態であれ共存し続ける、つまり分裂したまま生き続けるしかないのだが、根本的な生きる力のようなものが大きく欠如していた。それは知識でなく内面の状態のことである。私は自らが自らの空間を生み出すことで欠乏感を回避する術を身につけて来たのかもしれない。現実という世界の中で私はまったく歯の立たない、馴染むことのできない孤独を、一人になり創造を続けることで居場所、巣、すなわち家を作り上げた。それは架空ではなく私には実在する世界である。これを架空だ、妄想だと片付けてはいけない。この巣こそが欠乏しているのだ。どんなに政策を訴えようが、根本的な個人の家、巣がないのであれば何も解決はしない。解決とはその自尊心の低さ故に、鬱、躁鬱、自殺といった結末を生み出さないための治療方法なのかもしれない。

 

調子

 9月前半くらいに大きく調子を落としてそれから人との関わりやふとした時に気分が落ちてしまったりすることはあったものの、大きく落ちずにここまで来ている。1ヶ月以上は保てている。作り続けるという習慣がなんとか身について来ているのかもしれない。それが続けられていることが自尊心を高めているような気もしている。医者に行くと躁鬱として見られるが果たしてそうなのだろうかと疑問に感じてしまうことがある。もう落ち込むこともないし、変に散財してしまうこともないだろうと考えるのだが、先のことはわからないのでなんとも言えない。とにかく今はあっちこっちと思考は行ったり来たりしながらも、急激に落ち込むことはなくなってきたことが救いかもしれない。これ自体が自分自身の仕事なのだと思えているのかもしれない。そういう波自体も創造の過程で必要なものなのかもしれない。とにかく死にたいと考えることがこの1ヶ月で見れば減っているし、その思考にはまらなくなって来たのは大きな収穫のように思える。ただ自分で自分を管理することなのかもしれない。誰かの管理ではなく自分自身を徹底して演じ続けるのだ。溝井孝司という舞台を自ら描き続けることしかできないのだ。そうして振舞って行くのだとも思う。

 

f:id:mizokoji:20171019114553j:plain

自信がないとか死にたいとかそいう人に寄り添うための医療を創造している。

それが芸術であるのかもしれないと思っている。

作り続けることなのだと思っている。

 

作ったものを売るとかどうとか以前に、生きるために重要なことをしている気がするのだ。

 

根本的に人を癒したいと考えている。

源泉であるのだ。