溝井孝司のちゃらんぽらんちゃん。

詩的な日記小説です。児童文学みたいな人が書いてます。

20171211

通り過ぎて行った

 「もう通り過ぎて行ったみたいだよ」と、Kは言った。「いずれ通り過ぎる。その渦中にいるときはそんなこと思えないかもしれないけれどね。台風みたいなものかな。嵐が来るんだ。必ず。どんなに避けようと、回避しようとしても、それは自然現象みたいなものだから、進路が変わることもあれば、そのまま直撃して、その渦に飲み込まれることもある。それでも台風が通り過ぎた後の空気はなんであんなに心地よいのだろう。何かもを一掃して、淀みや、汚れや、停滞をなにもかも巻き込んでいくんだ。あの心地よさを君も知っているだろう?呼吸が出来るかどうか。そこにかかっているんだ。君自身が呼吸を出来ているか。肺に酸素を送り込むことができるか。体全体を巡らすことが出来るか。そして吐き出すんだ。何もかもを、淀んだ、滞ったその体内にある不純物を吐き出し、撹乱し、そのまま混沌とした状態を保ち続けることだ。すっきりしてはいけない。一時のその気持ちよさだとかに馴染んではいけない。それもまた通過儀礼なのであり、保とうとしがみついていてはいけない。ただ自然の流れにその現象に耳を傾け続けることだ。風はいつだって待機している。僕らの背後で、それでいて正面からやって来る。それが彼らの特性であるし、自然現象であり、僕たちはどこまでも風に乗っていけるんだ。軽やかだけど、重厚感を持ってね。」

 

外出

 銀座の月光荘エムゾで額装してもらっていた絵の受け取り。やっぱり額装するとカッコイイ。お姉さんも元気そうだった。その後、公募展の出展で末広町へ。公募展に出すのは初めてのこと。これまでも何度か出そうと思うことはあったが出展するまでのやることが嫌になってしまったり、誰かに評価されるために作っているわけではないなんて思ったりしてやめてしまっていたのだが、今回はそういう気持ちの部分も含めて出してみることにした。前日まで実際に出すか出さないか悩んでいて、重荷になっているとすら考えてしまっていたが、出してみたら出してみたで、行動できたことが嬉しかった。行動する前はああだこうだと言い訳を考えたり、やらない理由なんて考えることは出来るのだが、やってみようと思ったものは積極的にやってみるのがいいのかもしれない。やることとやらないことを分けて、やろうと思ったはとことんやってみることで、その過程の中での様々な変化を含めて続けることだと思えた。お腹が空いたのでご飯を食べる。みーさんが珍しく牛丼食べたいと嬉しそうに言うので近くにあったすき家に入る。みーさんはすき焼き定食。僕は、おろしポン酢に、味噌汁、冷奴、りんごのついたセットを頼んだ。そういえば鎌倉には牛丼屋がないので久しぶりだったような気がする。僕の頼んだものはネギが乗っているものばかりだったのでネギ抜きと伝える。「冷奴のも抜いていいですか?」とのことなので、そうしてくださいと伝える。ネギ嫌いなのだ。昔から。ラーメンもネギ抜き、なんでもネギ抜き。乗っていたら避ける。わさびも抜きで頼む。わさびはあまり得意じゃない。いざ牛丼がやってくると、しっかりネギ抜きになっていた。味噌汁以外は。そう、味噌汁以外。おろしポン酢のネギも、冷奴のネギもしっかりネギ抜きだったのに、味噌汁だけネギありだった。おしい。散々ネギ抜きにしておいてどうして味噌汁だけなんて思ったが自分で避けて食べた。久しぶりに食べた牛丼は美味しくて満腹になった。店内は終始すき家ラジオが流れていた。すっかり選曲もクリスマスモードだった。その後、自由が丘のじょうたさんへ糸の買い出しへ。やはり銀座線や地下鉄は息がつまり苦手だ。車内は狭いし、人との距離感が近すぎてどうもうまく立ち回れない。渋谷で乗り換えて東横線へ移動。途中、スケボーを持って全力で走る男(スケボーには乗っていない)や駅構内にスクリーンなし映画座席みたいなものが設置されていた。みーさんも東横線へ向かう途中の駅構内を見て「ここはサイエンスミュージアムか」と良いツッコミを入れていた。その場でハイタッチ。糸は種類があるのでみーさんとそれぞれ選ぶことにしている。自分だけが選ぶのだと好みで偏りがちなので、みーさんの選んでもらった糸を加えるとバリエーションが出て面白いのだ。ここまで移動も多かったのでカフェで一休みしてから帰ろうということになり、カフェ探し。どこも混んでいて、街はイルミネーション。ピカピカ。クリスマスモードまっしぐら。以前仕事でクリスマスの装飾をすることがあったのだが、意外と楽しかったのだ。モコモコしていて楽しいのだ。なので布もウールの暖かい糸で作るのが楽しいのかもしれない。モコモコ感が重要。しばらく歩いてやっと見つけたカフェへ。ベーグルなどを主に扱っているお店らしい。どこも混んでいたが空いていたので即決で入店。ベリーの入ったスコーンとアメリカーノを注文。みーさんはチョコスコーンとチャイラテ。カップは重量感があって重たい。指は三本入るタイプ。いつも二本なので少し新鮮だった。がっしりと握りしめるような感覚だった。みーさんに相談事を持ちかけられて、なぜかテンションが上がり始める。頼られると元気になるらしい。それも相談事とかそういう類のものが好きらしい。一方でよく喋るご婦人がいてみーさんと観察する。その振る舞いに対してどう感じるか、どうしたらよい関係性を築くことが出来るかを話し合うのだ。僕たちはなんだかんだ言って人とのコミュニケーションが好きなのかもしれない。僕は多くの人と関わることは苦手だが、少ない人達との関係は濃密に作りたいと考えているのかもしれない。自分自身が何を感じているのか、他人の話や噂ばかりではなく、そこから自分の感覚的な部分をシェアしあえるのはとてもありがたいことであると思える。表面的な話は聞いていても疲れてしまうし、僕は聞くことが出来ないから、無理に聞くこともないのだと思える。情報の出し合いではなく、お互いが深め合える対話をすることの方がよほど有意義だろう。お店を出ると足取りがおぼつかない。暗くなって足場がうまく分からなくなってしまった。ちょっとした段差を踏み外したり、つまづいたりするがなんとか駅に到着。東横線の特急に乗って横浜まで出て、そこから横須賀線に乗り換えて鎌倉へ。やっぱり鎌倉に着くと帰ってきたと思える。あまり鎌倉から出る機会はないがたまには足を伸ばして遠出することも大事かもしれない。ずっと同じ場所にいるとそこの良さがどうしてもわからなくなってしまう。それに何よりも帰ってきたと思えることが嬉しかったのかもしれない。帰る場所があるのはいいことだ。

 

f:id:mizokoji:20171211101706j:plain

今日はまた織り上げる予定。

絵もキャンパスにまた描き始めたい。

 

--------------------------------------------------------

溝井孝司(Koji Mizoi)

連絡先:mizokoji@gmail.com

Twitterhttps://twitter.com/kojimizoi

Instagramhttps://www.instagram.com/kojimizoi/

--------------------------------------------------------